タロットの秘密

講談社現代新書
タロットノヒミツ
  • 電子あり
タロットの秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

タロットカードは、なぜ謎めいた存在になったのか。
最新の研究成果を盛り込み、タロットカードが占いのために使われるようになった歴史や背景を解明する。また、絵の図像の文化的背景から、「鏡リュウジ流」解釈までを丁寧に解説し、具体的な占い方までを紹介。
これ一冊で、タロットのすべてがわかる。
タロットはもちろんのこと、西洋魔術やオカルト、ユング心理学に興味を持つすべての人、必携の本格的入門書。

目次

  • 序章 タロットの魅力
  • タロットとは何か/タロットカードの基本構成/トランプとの共通点/ノーベル賞詩人とタロット
  • 第1章 誕生の謎
  • イタリア・ルネサンス/カードゲームの歴史/未完の詩『凱旋』とタロットの絵柄/マルセイユ版の誕生
  • 第2章 神秘化したタロット
  • エジプト起源説/カバラとタロット/黄金の夜明け団/世界最大のヒット作「ウエイト=スミス版」の登場/二〇世紀最大の黒魔術師
  • 第3章 タロットの二〇世紀
  • ユング心理学による深化/神話学のスター/日本におけるタロット史/オカルトブームから「カワイイ」カルチャーへ
  • 第4章 心の世界と、タロットの図像学
  • 図像を「解読」する二つの方法/大アルカナを読み解く/小アルカナの意味と解釈のコツ
  • 第5章 実践・タロット占い
  • タロットを使う/占いの手順/カードの読み方/もうひとつのタロットの使い方
  • ……など

製品情報

製品名 タロットの秘密
著者名 著:鏡 リュウジ
発売日 2017年04月19日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-288424-2
判型 新書
ページ数 328ページ
電子版製品名 タロットの秘密
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:鏡 リュウジ(カガミ リュウジ)

占星術研究家、翻訳家。一九六八年京都府生まれ。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。英国占星術協会会員、日本トランスパーソナル学会理事。平安女学院大学客員教授、京都文教大学客員教授。著書に『星のワークブック』(講談社)、『占星術夜話』『鏡リュウジの占い大事典』(以上、説話社)、『はじめてのタロット』(ホーム社)、『占星術の文化誌』(原書房)、訳書に『占星学』『ユングと占星術』(以上、青土社)、『タロット バイブル 78枚の真の意味』(朝日新聞出版)など多数。

オンライン書店で見る