京都のおねだん

講談社現代新書
キョウトノオネダン
  • 電子あり
京都のおねだん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜこれがこんな高いのか、あんな安いのか、なんで無料なのか、そもそもあんなものになんでおねだんがつくのか――
大学進学以来、京都住まい二十余年。往々にしてそんな局面に出くわした著者が、そんな「京都のおねだん」の秘密に迫る。
そもそも「おねだん」の表示がされていない料理屋さん、おねだん「上限なし」という貸しビデオ屋、お地蔵さんに生ずる「借用料」。
そして究極の謎、花街遊びにはいくらかかる?

京都人が何にどれだけ支払うのかという価値基準は、もしかしたら京都を京都たらしめているゆえんかもしれない。
京都の「おねだん」を知ることは、京都人の思考や人生観を知ることにつながるはず。
2015年サントリー学芸賞芸術・文学部門を受賞、気鋭のチャップリン研究者にして「京都人見習い」を自称する著者による、初エッセイ。

目次

  • プロローグ おもてなしのおねだん(3万2000-9万円)
  • 第一章 食のおねだん
  • 〈料理のおねだん 2万5000円から〉
  • 〈「抹茶パフェ」のおねだん 1080円〉
  • 〈ハイカラな爆弾のおねだん 150円〉
  • 〈水のおねだん 1キロ260億円〉
  • 第2章 季節のおねだん
  • 〈お地蔵さんのお貸出のおねだん  3000円から〉
  • 〈春は7倍 秋は10倍〉
  • 〈冬の寿司のおねだん 1890円〉
  • 〈夏の風 1500円から〉
  • 第3章 絶滅危惧種のおねだん
  • 〈「旦那」を生む(?)土地のおねだん 公示価格の3-4倍〉
  • 【補足 〈京都〉の範囲について】
  • 〈跡継ぎのおねだん 1000円〉
  • 〈映画ビデオのおねだん 上限撤廃〉
  • 〈静寂のおねだん 1050円〉
  • 〈公家のおねだん 1万円 侍のおねだん 3500円〉
  • 〈仕出しのおねだん 一万数千円〉
  • 〈京都大学の自由(?) およそ3万円〉
  • 第4章 舞妓・芸妓のおねだん、すなわち、京都のおねだん
  • 〈夏の芸舞妓はん 1800円~〉
  • 〈萌え系舞妓のおねだん 0円〉
  • 〈花街で、自腹で遊んでみた!〉
  • エピローグ 東京の「京都のおねだん」、あるいは私のおねだん 5000円から7500円
  • 【本書に登場した場所・お店】

製品情報

製品名 京都のおねだん
著者名 著:大野 裕之
発売日 2017年03月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288419-8
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 京都のおねだん
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:大野 裕之(オオノ ヒロユキ)

1974年大阪府生まれ。京都大学入学を機に上洛、以来京都(ただし洛外)在住。京都大学大学院人間・環境学研究科後期博士課程所定単位取得。専攻は映画・演劇・英米文化史。著書に『チャップリンとヒトラー――メディアとイメージの世界大戦』(岩波書店、第37回サントリー学芸賞)、『チャップリンの影――日本人秘書 高野虎市』(講談社)など。日本チャップリン協会会長、脚本家、映画・演劇プロデューサー。劇団とっても便利代表。脚本・プロデュースを手掛けた映画『太秦ライムライト』は、第13回ニューヨーク・アジア映画祭最優秀観客賞、第18回ファンタジア国際映画祭シュバル・ノワール賞、京都市文化芸術表彰「きらめき賞」などを受賞。

オンライン書店で見る