入門 東南アジア近現代史

講談社現代新書
ニュウモントウナンアジアキンゲンダイシ
入門 東南アジア近現代史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

6億4000万人の巨大市場の「いま」がわかる決定版!

土着国家から欧米の植民地へ、日本による占領統治、戦後の独立と経済発展、そしてASEAN経済共同体の誕生――。

ベトナムやタイを流れるメコン川、ボルネオ島のジャングル、バリ島の棚田、近代都市シンガポールやクアラルンプールの高層ビル群……。東アジアの中国、南アジアのインドとくらべると、一つのイメージではとらえられない東南アジア。
東南アジア全体に駐在している日本人の数でいえば、中国よりも多い、関わりの深い地域であるにもかかわらず、多くの日本人にとってはよくわからない、東南アジアの現在に至る歩みを、「多様性の中の統一」というキーワードに着目しながら描き出す。

ベトナムのホー・チミンやインドネシアのスカルノなど、独立指導者のドラマ。
ベトナム戦争、カンボジア内戦の悲劇。
シンガポール、マレーシアの経済発展の光と影。
フィリピン、タイ、ミャンマーの民主化運動――、

500年の人びとのドラマを辿りながら、存在感を増すASEAN地域の過去・現在・未来を読む。

目次

  • 序章 東南アジアの土着国家
  •     1 東南アジアの原型
  •     2 土着国家の栄枯盛衰
  • 第一章 ヨーロッパの植民地化――16~19世紀
  •     1 なぜ東南アジアは植民地化されたのか
  •     2 変容する東南アジア――政治・経済・社会
  • 第二章 日本の東南アジア占領統治――1941~1945年
  •     1 20世紀前半期の日本と東南アジア
  •     2 東南アジアの占領と支配
  • 第三章 独立と混乱――1945~1964年
  •     1 現代国家の誕生 
  •     2 国民統合と分離独立
  • 第四章 開発主義国家と民主化――1960年代後半~1990年代
  •     1 開発主義国家の誕生と終焉
  •     2 民主主義国家への転換――東南アジアの民主化運動
  • 第五章 経済開発と発展――1960年代後半~2000年代
  •     1 農業国から工業国へ
  •     2 経済開発の光と影
  • 第六章 地域機構ASEANの理想と現実
  •     1 ASEANの発展
  •     2 ゆるやかな地域機構
  • 終章  東南アジアとは何か
  •     1 日本と東南アジア
  •     2 東南アジアの進む道

製品情報

製品名 入門 東南アジア近現代史
著者名 著:岩崎育夫
発売日 2017年01月17日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-288410-5
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:岩崎育夫(イワサキイクオ)

一九四九年長野県生まれ。立教大学文学部卒業、アジア経済研究所地域研究第一部主任調査研究員などを経て、現在、拓殖大学国際学部教授。主な著書に、『リー・クアンユー――西洋とアジアのはざまで』(岩波書店)、『物語 シンガポールの歴史――エリート開発主義国家の200年』(中公新書)、『アジア政治とは何か――開発・民主化・民主主義再考』(中公叢書)、『アジアの国家史―民族・地理・交流』(岩波現代全書)、『世界史の図式』(講談社選書メチエ)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • エルパカBOOKS
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス