世界史を変えた薬

講談社現代新書
セカイシヲカエタクスリ
  • 電子あり
世界史を変えた薬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

医薬品というものは、どうにも不思議な代物だ。老若男女を問わず、誰もが薬のお世話になっているにもかかわらず、薬について詳しいことはほとんど何も知られていないに等しい。口から飲み込んだ小さな錠剤が、どのようにして患部に届いて痛みや炎症を鎮めるのか、簡単にでも説明できる人は相当に少ないだろう。

近年は、医薬品の過剰投与や副作用などネガティブな側面ばかりが強調されがちだが、人類は医薬品の発明によってその寿命を飛躍的に伸ばしていた。「死の病」と恐れてきた感染症は、抗生物質の発明により、ありふれた病気になった。あまり意識されないが、いくつかの医薬品は間違いなく、世界史を変え、人類の運命を変えてきた。

医薬の科学はなおも発展の途上にあり、今後さらに大きく社会を変えてゆく可能性を秘めている――というより、確実に変えてゆくことだろう。とすれば、医薬と人類の関わりを、歴史の流れに沿って眺めておくのは、意義のある試みであるに違いない。

目次

  • 第1章 医薬のあけぼの
  • 第2章 ビタミンC 海の男たちが恐れた謎の病気
  • 第3章 キニーネ 名君を救った特効薬
  • 第4章 モルヒネ 天国と地獄をもたらす物質
  • 第5章 麻酔薬 痛みとの果てしなき闘い
  • 第6章 消毒薬 ゼンメルワイスとリスターの物語
  • 第7章 サルファ剤 道を切り拓いた「赤い奇跡」
  • 第8章 サルファ剤「奇跡の感染症治療薬」誕生の物語
  • 第9章 ペニシリン 世界史を変えた「ありふれた薬」
  • 第10章 アスピリン 三つの世紀に君臨した医薬の王者
  • 第11章 エイズ治療薬 日本人が初めて創った抗HIV薬

製品情報

製品名 世界史を変えた薬
著者名 著:佐藤 健太郎
発売日 2015年10月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288338-2
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 世界史を変えた薬
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:佐藤 健太郎(サトウ ケンタロウ)

一九七〇年、兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。医薬品メーカーの研究職、東京大学大学院理学系研究科広報担当特任助教等を経て、現在はサイエンスライター。二〇一〇年、『医薬品クライシス』(新潮新書)で科学ジャーナリスト賞。二〇一一年、化学コミュニケーション賞。著書に『炭素文明論』(新潮選書)『医薬品クライシス』(新潮新書)『「ゼロリスク社会」の罠』(光文社)ほか多数。四七都道府県三二万kmを走破した国道マニアとしてしても知られ、『ふしぎな国道』(講談社現代新書)の著作もある。

オンライン書店で見る