はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査

講談社現代新書
ハヤブサツゥーノシンジツ2ドウナルニッポンノウチュウタンサニホン
  • 電子あり
はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

打ち上げが間近に迫った「はやぶさ2」。初代はやぶさは、数々の困難を乗りえて、無事地球に帰還し、多くの日本人の心を揺さぶった。
 国民の熱狂的な支持を受けて、後継プロジェクト「はやぶさ2」も順調に進むはずだった。しかし、はやぶさ2の歩みは難渋した。なかなか必要な予算が付かず、2012年にはあわや計画中止かと思われたこともあった。
 なんとか予算はついたものの、日本の宇宙開発を取り巻く環境はきわめて厳しい。現在、はやぶさ2は、日本で正式に予算がついて動いている唯一の宇宙探査計画だ。今後のプロジェクトに弾みをつけるために、はやぶさ2の成功は必須である。
 本書で、宇宙探査の系譜をたどりながら、はやぶさ2プロジェクトの全貌と日本の宇宙開発をとりまく状勢を解説する。

堀江貴文(ホリエモン)絶賛
「はやぶさ本の最高傑作!宇宙探査への国家的無策のために、はやぶさ2の大冒険は地上から始まっていたのだった!(涙)」

目次

  • プロローグ  奇跡の帰還と4年半の迷走
  • 第1章 大いなる賭けであった初代はやぶさ
  •  サンプルリターン以前のこと/アメリカに負けないために/はやぶさのために開発された4つの技術/旅立ち、そして小惑星イトカワへ/イトカワ着陸の試み、そして行方不明/通信復帰から帰還まで/初代はやぶさの成果
  • 第2章 宇宙大航海時代
  •  宇宙大航海時代へ/太陽系の地図を描く/地球から別の星に行くには/イオンエンジンを使って惑星間空間を航行する/イオンエンジンとスイングバイを組み合わせる/宇宙の方角と探査機の姿勢/工学というベクトル
  • 第3章 宇宙創生の謎に迫る
  •  太陽系創生の原初へ遡る/多彩な小惑星の世界/重要なのは探査を続けること/“素早く同型機を”という発想から検討始まる/より一層の成果を求めて/小惑星衝突、恐竜絶滅、そしてデジタル技術/重要な地球からの事前観測/生命の起源を求めて
  • 第4章 これがはやぶさ2だ
  •  太陽系探査の大義名分/2代目は初代よりやや大きくなった/太陽系空間における探査機の姿勢/Kaバンドと地上局/探査機の各部を多重化/化学推進系トラブルからの教訓を組み込む/限られた開発期間の中で、できることをやる/小惑星内部のフレッシュなサンプルを採取/長波長の赤外線観測で水分子の水酸基を見る/X線観測から、中間赤外線観測へ/着陸機は1機から4機に強化/世界中の地上局から管制する/打ち上げから帰還まで
  • 第5章 地上の長く曲がりくねった道
  •  誰が作る、誰が運用する/宇宙研という組織/探査機を作り、運用を支援する企業群/次の一手として/初代の復活、環境の変化、理学と工学/アメリカ目覚める/ロケットを取ってこい/競争と協調/新たにインパクターを搭載へ/巻き起こったはやぶさブーム/日本惑星科学会/熱狂と科学/2012年、打ち切りの危機/プロマネ交代とプロジェクト・サイエンティスト就任/打ち上げに向けて
  • 第6章 未知の空間へ、未踏の星へ──日本の現状と宇宙探査の未来
  • あとがき

製品情報

製品名 はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査
著者名 著:松浦晋也
発売日 2014年11月18日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-288291-0
判型 新書
ページ数 304ページ
電子版製品名 はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:松浦晋也(マツウラシンヤ)

1962年生まれ。慶應義塾大学工学部機械工学科卒業。慶應義塾大学大学院メディア・政策研究科修了。日経BP社記者を経て、航空・宇宙関係を専門とするノンフィクション・ライターとして活躍。『恐るべき旅路 -火星探査機「のぞみ」のたどった12年』『国産ロケットはなぜ墜ちるのか』など著作多数

オンライン書店で見る