孤独死のリアル

講談社現代新書
コドクシノリアル
  • 電子あり
孤独死のリアル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2015年には独り暮らし高齢者600万人、「最期は家で独りで」の時代が始まる。
そのために知っておきたい現実……。例えば、
●遺体の検視は?
●2~3日以内に発見されないと?
●葬儀、部屋、遺品、遺骨などはどうなる?
●男性のほうが孤独死しやすい?
●多少でも財産があれば親族が現れるって本当?
●悲惨でない孤独死とは?
●政府が「自助」を唱える時代にどうすればよいのか?
もはや他人事ではない孤独死問題への必読の書。

製品情報

製品名 孤独死のリアル
著者名 著:結城 康博
発売日 2014年05月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288264-4
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 孤独死のリアル
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:結城 康博(ユウキ ヤスヒロ)

1969年生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業。法政大学大学院修了(経済学修士、政治学博士)。1994~2007年、地方自治体で勤務。この間、介護職、ケアマネジャー、地域包括支援センター職員として介護部署等の業務に従事(社会福祉士、ケアマネジャー、介護福祉士)。現在、淑徳大学社会福祉学部教授(社会保障論、社会福祉学)。著書に『介護』(岩波新書)、『日本の介護システム』(岩波書店)、共編著に『孤独死を防ぐ』(ミネルヴァ書房)など。

オンライン書店で見る