妖怪アパートの幽雅な日常

青い鳥文庫
ヨウカイアパートノユウガナニチジョウ
  • 電子あり
  • 映像化
妖怪アパートの幽雅な日常
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

事故で両親を中1のときに亡くし、おじさんの家に引き取られた夕士。高校生になったら寮生活をしてはやく自立したい・・・と楽しみにしていたのに、入学直前に寮が火事に!
困った夕士が、不思議な不動産屋さんに案内された洋館風の建物は妖怪&幽霊たちが暮らすアパートだった!
心の底から笑うことができなくなっていた夕士は、妖怪や幽霊たち、除霊師の女子高生、人間の(でもちょっとユニークな)詩人や画家と過ごすうちに、考え方が柔らかくなり、生きることが楽になっていきます。
むかしは人間社会のすぐ隣に、ちょっぴり不思議な世界があった。でも文明が発達して、人間はその世界を忘れてしまった、と夕士は教えられ、実感していきます。
手だけの幽霊・るり子さんが作ってくれる美味しい料理、なぜか地下にある洞窟温泉、縁側でしょっちゅうおこなわれる大宴会、などなど、アパートのまったりとした日常もあれば、成仏できない魂がさまよう哀しい出来事も。読んだ後はきっと、いまの生活のすぐ隣に、なにか不思議な世界があるかも?と思いたくなること間違いなし!

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 妖怪アパートの幽雅な日常
著者名 作:香月 日輪 絵:深山 和香
発売日 2017年06月07日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-285634-8
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 妖怪アパートの幽雅な日常
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 『妖怪アパートの幽雅な日常(1)』(講談社文庫版/2008年とYA!ENTERTAINMENT版/2003年 いずれも講談社刊)をもとに、漢字などを読みやすく整理し、さし絵をつけたものです。

著者紹介

作:香月 日輪(コウヅキ ヒノワ)

和歌山県生まれ。「妖怪アパートシリーズ」全10巻ほか、身近な不思議を描いたYA小説で一躍人気作家となる。
他の作品に「地獄堂シリーズ」「大江戸シリーズ」「僕とおじいちゃんの塔シリーズ」「ファンム・アレースシリーズ」など、ユーモアとミラクルに包まれた成長小説に、子どもから大人まで幅広いファンを獲得。2014年永眠。

絵:深山 和香(ミヤマ ワカ)

漫画家、イラストレーター。主なマンガに「妖怪アパートの幽雅な日常」シリーズ、「ロケットスターター」シリーズなどがある。

オンライン書店で見る