もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー

青い鳥文庫
モシモビョウインニイヌガイタラコドモビョウインデハタラクイヌベイリー
  • 電子あり
もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」
入院中の子どもたちを笑顔に変える!

日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリー。ハンドラーの森田優子さんといっしょに、病院にいる子どもたちを笑顔にするのが仕事です。
薬がのめるようになった、ベッドから起き上がるようになった、手術がこわくなくなった……ベイリーがいるだけで、病院は楽しい場所へと変わります。
もしも病院に犬がいたら――そんな願いをかなえてくれるファシリティドッグのベイリーのお話です。

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

目次

  • プロローグ
  • 1 看護師へのあこがれ
  • 2 犬のいる病院?
  • 3 ベイリーのこと
  • 4 ベイリーとの出会い
  • 5 ハワイでの研修
  • 6 タッカーとウェンディさん
  • 7 ベイリーのきもち
  • 8 帰国
  • 9 四日間の“おためし”
  • 10 週に三日
  • 11 ハンドラーの仕事は、二十四時間三百六十五日
  • 12 ゆづきくん
  • 13 高校生の真子ちゃん
  • 14 ゆづきくんの退院
  • 15 ハンドラーとして
  • 16 ベイリーのかつやく
  • 17 真子ちゃんの手術
  • 18 ゆづきくん、お星さまになる
  • 19 ベイリーは、がんこちゃん
  • 20 神奈川県立こども医療センターへ
  • 21 こどもたちの未来
  • あとがき

製品情報

製品名 もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー
著者名 作:岩貞 るみこ
発売日 2017年03月10日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-285608-9
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:岩貞 るみこ(イワサダ ルミコ)

ノンフィクション作家・モータージャーナリスト。
主な児童書のノンフィクション作品に『しっぽをなくしたイルカ~沖縄美ら海水族館フジの物語~』『命をつなげ!ドクターヘリ~日本医科大学千葉北総病院より~』『青い鳥文庫ができるまで』(いずれも青い鳥文庫)など、丹念な取材に基づいた素材を、こどもにわかりやすい構成と文章でまとめる筆力に定評がある。

オンライン書店で見る