徳川家康 ―天下太平― 戦国武将物語

青い鳥文庫
トクガワイエヤステンカタイヘイ
  • 電子あり
徳川家康 ―天下太平― 戦国武将物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

―「がまんだ。この世は思い通りにならないことばかりだ。だから、がまんするのだ。そうしていれば、いつか道はひらける。」―。
徳川家康は、竹千代とよばれた少年のころから、その信念をつらぬいてきた。
幼いころに、母と生き別れ、人質として苦労した家康が、がまんにがまんを重ねて、戦国の名将となり、すぐれた政治家となった。
戦乱の世の後、260年続いた太平の時代、江戸時代のいしずえをきずいた家康の生涯とは!?
 
「日本の歴史」の中でも、すべての世代の人にいちばん人気があるのはなんといっても、「戦国時代」。その「戦国時代」を代表する、最強の武将、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の3人の物語を一人1冊で刊行するシリーズの最後の作品です。 たくさんの資料・文献の読み込みを大得意とする著者が、それらをもとに独自の視点でギリギリまで人間像にせまり、有名なエピソードや場面も「こういうことだったのか!!」という驚きとワクワク感を持って読める「エンタメ」作品に仕上げます! 
 イラストは「週刊少年マガジン」の人気まんが家棚橋なもしろ氏。「熱く」て「カッコいい」ヒーローを描いていただいております。こちらもご期待ください!

製品情報

製品名 徳川家康 ―天下太平― 戦国武将物語
著者名 著:小沢 章友 絵:棚橋 なもしろ
発売日 2012年03月15日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285278-4
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 徳川家康 ―天下太平― 戦国武将物語
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:小沢 章友(オザワ アキトモ)

(おざわ あきとも)
1949年、佐賀県出身。早稲田大学政経学部卒業。
青い鳥文庫でのおもな著書に『三国志』1巻~7巻、『三国志英雄列伝』『飛べ! 龍馬』がある。今作品は、2011年9月刊行の『織田信長―炎の生涯―』からスタートした、シリーズ「戦国武将物語」の2作目。今後、2012年1月に『平清盛物語』を刊行する予定。「戦国武将物語」の次作品は『徳川家康』を予定しており、2012年3月に刊行の予定。そのほかに2012年1月には「歴史英雄伝」として『平清盛―運命の武士王―』を刊行予定。史実にもとづいた読みやすい歴史物語には定評がある。
歴史もののほか、作家に関する物語も得意ジャンルで「三島転生」(ポプラ社)「龍之介怪奇譚」(双葉社)などがある。

絵:棚橋 なもしろ(タナハシ ナモシロ)

(たなはし なもしろ) 
まんが家*代表作は、ドラマにもなった『ハンマーセッション』
2003年秋、第71回新人漫画賞にて『必殺! 捕物町』が佳作を受賞。2005年‐『週刊少年マガジン』50号より『15の夜』を3号連続掲載にてデビュー。2006年‐『週刊少年マガジン』50号から『ハンマーセッション!』を連載。2010年‐『週刊少年マガジン』26号より『ハンマーセッション!』の続編、『ハンマーセッション! In High School』を連載。
青い鳥文庫では前作『織田信長―炎の生涯―』に続き、小沢章友作品の挿絵を担当。

おすすめの本

オンライン書店で見る