十一月の扉

青い鳥文庫
ジュウイチガツノトビラ
十一月の扉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“迷っても、扉をあけて進め。”
十一月荘ですごした日々を、爽子は「物語」に書きはじめる――。
「ちょっと大人の青い鳥」スタート!

二か月だけ「十一月荘」で下宿生活をすることになった中学二年生の爽子(そうこ)は、個性的な大人たちや妹のようなるみちゃんとの日々、そして、「十一月荘」で出会った耿介(こうすけ)への淡い恋心を物語にかえて、お気に入りのノートに書きはじめる。
「迷うことがあっても、十一月なら前に進むの。」閑(のどか)さんの言葉に勇気づけられ、爽子は少しずつ、考えるのをさけていた転校後の生活にも、もっと先の未来にも、希望を感じられるようになってゆく。

※中学生向け

※『十一月の扉』は、1999年9月にリブリオ出版から刊行されました。

製品情報

製品名 十一月の扉
著者名 作:高楼 方子 絵:千葉 史子
発売日 2011年06月09日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-285216-6
判型 新書
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 1999年9月にリブリオ出版から刊行された。青い鳥文庫収録にあたっては、2006年11月に新潮社より刊行された「十一月の扉」(新潮文庫)を底本として改稿をし、全体にルビをふって、イラストを新たに加えている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV