ムーミンやしきはひみつのにおい

講談社の絵本
ムーミンヤシキハヒミツノニオイ
ムーミンやしきはひみつのにおい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ある秋の夜。ムーミン屋敷にしのびこむ黒いかげ。事件のにおいをかぎつけたちびのミイとムーミントロールが、ムーミン屋敷を大探索。スクルッタおじさん、ミニ、クニット、スクルット、トフト、スナフキン、ティーティ・ウー、ミーサ、ホムサ、スノークのおじょうさん、トゥーティッキ、ママ、パパ……屋敷にいたみんなが台所に集まったとき、なにかが起こる……!
トーベ・ヤンソンが自ら手がけた数少ない絵本のひとつであり、唯一の写真絵本である作品の日本語版がついに刊行。トーベが友人であるトゥーリッキたちとともに、ムーミンら登場キャラクターの人形はもちろん、ムーミン屋敷やその家具まで手ずから3年がかりで作り上げたものを、弟であるペル・ウーロフが撮影したもの。そのムーミン屋敷のドールハウスは、フィンランド・タンペレにあるムーミン谷博物館で展示され、その精巧さに長年人気を博しています。トーベが制作した唯一の写真絵本という意味でも、彼女の生誕100年の記念イヤーである2014年を彩る一冊となるでしょう。

製品情報

製品名 ムーミンやしきはひみつのにおい
著者名 文:ヤンソン,トーベ 写真:ヤンソン,ペル.ウーロフ 訳:渡部翠
発売日 2014年10月21日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-283082-9
判型 B5変型
ページ数 50ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本

著者紹介

文:ヤンソン,トーベ(ヤンソン,トーベ)

1914年、フィンランドのヘルシンキに生まれる。ストックホルムとパリで、絵を学ぶかたわら童話をかきため、1948年に出版した『たのしいムーミン一家』が大評判となり、その後『ムーミンパパの思い出』『ムーミン谷の夏まつり』(以上、講談社)などを発表。全8巻の童話集となって世界中で愛読されている。1966年に、国際アンデルセン大賞を受賞。2001年6月に永眠。

写真:ヤンソン,ペル.ウーロフ(ヤンソン,ペル.ウーロフ)

1920年、フィンランドのヘルシンキに生まれる。トーベ・ヤンソンのすぐ下の弟。写真家であり、トーベが友人のトゥーリッキ・ピエティラたちと制作したムーミン屋敷の模型を撮影し、この絵本作品の誕生の一端を担う。

訳:渡部翠(ワタナベミドリ)

日本フィンランド文学協会会員。元ヘルシンキ大学講師。主な訳書に、トーベ・ヤンソンのムーミン絵本『それから どうなるの?』『ムーミン谷への ふしぎな旅』『さびしがりやの クニット』や、『ムーミンママのお料理の本』『少女ソフィアの夏』「ムーミン谷の名言集」シリーズ(以上、講談社)、『羽根をなくした妖精』(晶文社)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • エルパカBOOKS
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス