完全秘匿 警察庁長官狙撃事件

講談社+α文庫
カンゼンヒトクケイサツチョウチョウカンソゲキジケン
  • 電子あり
完全秘匿 警察庁長官狙撃事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「警察首脳部は狙撃犯を知っているはずだ!」

特捜本部に渦巻く不信と怒り。
ノンキャリアの捜査官たちは執念で新事実を突き止めていた。
恐るべき捜査の実態が明らかになる。

警察トップが撃たれ、瀕死の重傷を負った前代未聞の狙撃事件。威信をかけた捜査の裏側には法治国家とは思えぬ、恐るべき実態があった。2010年に時効を迎え迷宮入りとなった、平成最大のミステリーの真相に迫る。


序章
初動捜査
語り始めたオウム幹部たち
遺留物と手がかり
現職警官の自供
二転、三転
銃弾が語る真犯人
9年目の逮捕劇
北朝鮮ルート
終章/あとがき
警察庁長官狙撃事件関連年表
現場見取り図

目次

  • 序章
  • 初動捜査
  • 語り始めたオウム幹部たち
  • 遺留物と手がかり
  • 現職警官の自供
  • 二転、三転
  • 銃弾が語る真犯人
  • 9年目の逮捕劇
  • 北朝鮮ルート
  • 終章/あとがき
  • 警察庁長官狙撃事件関連年表
  • 現場見取り図

製品情報

製品名 完全秘匿 警察庁長官狙撃事件
著者名 著:竹内 明
発売日 2016年02月18日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-281648-9
判型 A6
ページ数 496ページ
電子版製品名 完全秘匿 警察庁長官狙撃事件
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2010年4月に小社より単行本『時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層』として刊行されました。文庫化にあたり、一部を加筆・修正のうえ、改題しました。

著者紹介

著:竹内 明(タケウチ メイ)

たけうち・めい―1969年神奈川県生まれ。慶應義塾大学卒業後、TBSに入社。報道記者として警察・検察を担当。オウム真理教事件、警察庁長官狙撃事件、政界汚職事件などを取材。のちニューヨーク特派員となり、イスラム過激派やストリートギャングなど米国の裏社会を中心に取材。現在、報道番組『Nスタ』のキャスター。著書『時効捜査』『秘匿捜査』(講談社)は日本の公安捜査の実態をありのままに描き、公安警察を震撼させる。本作が初の小説となる。本シリーズ第二弾となる新刊『マルトク 特別協力者』(同)も発売前から話題に。

オンライン書店で見る