強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本

こころライブラリー
キョウハクセイショウガイニナヤムヒトノキモチガワカルホン
強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 こころライブラリーイラスト版シリーズでは、『統合失調症の人の気持ちがわかる本』『うつ病の人の気持ちがわかる本』など、心の病気になった人たち自身の気持ちをまとめた本を、これまでに刊行しています。心の病気そのものに関する解説書は多く出版されていて、病気の知識は広まっていますが、患者さん本人が、どのように苦しみ、何を感じ、悩んでいるかという観点からまとめた本は、多くはありません。「いくら洗っても、手の汚れがとれないと思い、どこまでも繰り返す」「何度カギの確認をしても、安心することができない」などといった症状がある強迫性障害もそのひとつです。実際には患者数は多く、誰でも発症する可能性がある病気です。
 患者さん自身に聞くと、いちばん訴えたいのは、この病気を理解してほしいということ。周囲の人が病気を本当に理解するためには、患者さん本人の気持ちをまとめた本が必要です。本書では、家族の会への取材をもとに、家族の気持ちも随時解説。強迫性障害という”不安とこだわりの病”を内面から理解し、回復に導く決定版です。

【本書の内容構成】
はじめに 発病のストーリー 
第1章 これは病気? やめたいのにやめられない
    不潔恐怖、加害恐怖、確認強迫、縁起強迫
第2章 底なし沼に落ちていくような日々
    まきこみ、ひきこもり、聖域、儀式、自殺
第3章 大切なのは、本人の治りたい気持ち
    治療、受診、治療中の変化、家族の会
第4章 普通に暮らせるって、すばらしい
    考え方、治癒とは、感謝、再出発
おわりに 回復へのストーリー

目次

  • 第1章 これは病気? やめたいのにやめられない
  •  (本人)不潔恐怖、子ども、確認強迫、不完全恐怖、加害恐怖、縁起強迫、
  •      強迫性緩慢、収集癖
  •  (家族へ)依存心
  •  (家族)自責の念、いらだち
  • 第2章 底なし沼に落ちていくような日々
  •  (本人)聖域、経過、儀式、体調不良、不登校、退職、ひきこもり、自殺
  •  (家族へ)伝えたいこと
  •  (家族)巻き込み、気持ちの限界
  • 第3章 大切なのは、本人の治りたい気持ち
  •  (本人)出会い、医療機関探し、治療、治療の効果
  •  (家族)受診、巻き込み、治療への参加
  • 第4章 普通に暮らせるってすばらしい
  •  (本人)考え方、治癒とは、再発、生活、変化、未来
  •  (家族へ)感謝
  •  (家族)再出発

製品情報

製品名 強迫性障害に悩む人の気持ちがわかる本
著者名 監:原井 宏明
発売日 2013年02月28日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-278969-1
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ こころライブラリーイラスト版

著者紹介

監:原井 宏明(ハライ ヒロアキ)

医)和楽会なごやメンタルクリニック院長。強迫性障害(OCD)家族の会顧問。京都市生まれ。1984年、岐阜大学医学部卒。ミシガン大学文学部に留学ののち、国立肥前療養所、国立菊池病院精神科医長、臨床研究部長、診療部長を経て、2008年より現職。行動療法で強迫性障害の治療に実績を上げている。日本行動療法学会常任理事・学会誌編集委員長・専門行動療法士、精神保健指定医、動機づけ面接トレーナーネットワーク(MINT)メンバー。主な著書に『対人援助職のための認知・行動療法』(金剛出版)、『図解やさしくわかる強迫性障害』(共著/ナツメ社)ほか。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV