ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚

講談社文庫
ダウスニオチタホシトウソクスリヤタンテイカイキタン
  • 電子あり
ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妖(あやかし)が関与する事件の調査に乗り出したリベザルは、目を逸らしていた自身の「過去」と向き合うことに。

鬼の妃(きさき)が棲んでいたという伝説が残る埼玉県鬼前(きさき)町の公園で、通りすがりの人間が地中に引きずりこまれ、その前後の記憶を失ってしまう事件が発生。『枕石公園の怪異を調べて下さい』との依頼を受けた妖怪雑事相談所「深山木薬店改(ふかやまぎくすりてんあらため)」の店長リベザルは、早速調査に乗り出す。
リベ&柚之助(ゆのすけ)コンビが活躍する第3弾!

目次

  • 第一章 再会の青
  • 第二章 叛逆の黄泉路
  • 第三章 金雀児と金蛇
  • 第四章 緑泥迷路
  • 第五章 白い紙
  • 第六章 蒼天の桜、満天の星
  • エピローグ
  • 文庫版のあとがき

製品情報

製品名 ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚
著者名 著:高里椎奈
発売日 2013年11月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-277690-5
判型 A6
ページ数 512ページ
電子版製品名 ダウスに堕ちた星と嘘 薬屋探偵怪奇譚
シリーズ 講談社文庫
初出 2009年10月に小社ノベルスとして刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る