大江戸妖怪かわら版3 封印の娘

講談社文庫
オオエドヨウカイカワラバン3フウインノムスメ
  • 電子あり
大江戸妖怪かわら版3 封印の娘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

魔都大江戸で年を越したかわら版屋の少年記者・雀。新春早々、仕事仲間の桜丸やポーと連れ立って歌舞伎見物へ出かける。日吉座の花形役者・蘭秋(らんしゅう)の艶やかな魅力とともに、物語に惹かれた雀は、脚本を書いたのが雪消(ゆきげ)という白鬼の娘であることに驚く。美しく若い女の姿をした雪消は、ある理由で座敷牢の中にいた。

※本書は2007年9月に理論社より『大江戸妖怪かわら版 封印の娘』として刊行されました。

製品情報

製品名 大江戸妖怪かわら版3 封印の娘
著者名 著:香月 日輪
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体448円(税別)
ISBN 978-4-06-277625-7
判型 A6
ページ数 208ページ
電子版製品名 大江戸妖怪かわら版3 封印の娘
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年9月に理論社より「大江戸妖怪かわら版封印の娘」として刊行された。

オンライン書店で見る