カンナ 戸隠の殺皆

講談社文庫
カンナトガクシノサツカイ
  • 電子あり
カンナ 戸隠の殺皆
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戸隠の由来となった「天岩戸(あまのいわと)伝説」。
神話は、天照大神の何を伝え、何を隠しているのか?

伊賀・伊勢・甲賀vs.波多野村雲流。甲斐をめぐる、巫女・貴湖(たかこ)と許嫁・聡美のバトルもヒートアップ!
真実の扉を開く、シリーズ第5弾!

忍者の末裔三人組、鴨志田甲斐(伊賀服部流)、中村貴湖(伊勢服部流)、柏木竜之介(甲賀)プラス忍者犬のほうろくは、奪われた秘密の社伝を追って、長野・戸隠へ。敵対する波多野村雲流に襲われながらも、甲斐は戸隠に伝わる「鬼女・紅葉」と「天岩戸」ふたつの伝説の、これまで語られることのなかった真相に迫る!

製品情報

製品名 カンナ 戸隠の殺皆
著者名 著:高田 崇史
発売日 2013年05月15日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-277544-1
判型 A6
ページ数 304ページ
電子版製品名 カンナ 戸隠の殺皆
シリーズ 講談社文庫
初出 2010年2月に、講談社ノベルスとして刊行されたもの。

オンライン書店で見る