甲子園の奇跡 斎藤佑樹と早実百年物語

講談社文庫
コウシエンノキセキサイトウユウキトソウジツヒャクネンモノガタリ
  • 電子あり
甲子園の奇跡 斎藤佑樹と早実百年物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時空を超えた“甲子園の奇跡”とは何か。

昭和6年8月13日の甲子園。早稲田実業の島津雅男投手は、マウンドでがっくり膝をついた。愛知・中京商業にサヨナラ負け。実はこの中京商業の勝利こそ、いまだに破られない「夏の大会3連覇」の偉業を達成する中京商業の「最初の1勝」にほかならなかった。

――それから75年。

中京商業以来の「夏3連覇」の目標を引っ提げて甲子園に乗り込んできた「北の王者」駒大苫小牧。その「最後の1勝」を阻止すべくマウンドに仁王立ちしたのは、奇しくも同じ早稲田実業の斎藤佑樹投手だった。

斎藤は、驚くべきことにこの「時空を超えた因縁」を知った上でマウンドに上っていた。
「僕は早実野球部の歴史を背負って投げていたんです」
齢92となった島津は、斎藤のピッチングを見届け、「75年前の敗戦」もすべて運命だったことを悟る。そして、ハンカチ王子にあるメッセージを伝える……。
本書には、島津雅男と斎藤佑樹、二人をつなぐ早実の歴史が描かれている。
王貞治と荒木大輔が語った「甲子園の忘れ物」。夢半ばで逝った名将・和田明の秘話。それらはすべてどこかで、斎藤佑樹が成し遂げた偉業につながっていた。
緻密な取材で高校野球にかけた男たちの熱い思いに迫った渾身のノンフィクション。
早稲田実業の和泉実監督がわざわざ「文庫版解説」を寄稿するなど、高校野球ファンにはこたえられない魅力満載の1冊。

製品情報

製品名 甲子園の奇跡 斎藤佑樹と早実百年物語
著者名 著:門田 隆将
発売日 2011年04月15日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-276783-5
判型 A6
ページ数 400ページ
電子版製品名 甲子園の奇跡 斎藤佑樹と早実百年物語
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年2月に小社より刊行された「ハンカチ王子と老エース」を改題したもの。

オンライン書店で見る