最後の命

講談社文庫
サイゴノイノチ
最後の命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最後に会ってから七年。ある事件がきっかけで疎遠になっていた幼馴染みの冴木。彼から「お前に会っておきたい」と唐突に連絡が入った。しかしその直後、私の部屋で一人の女が死んでいるのが発見される。疑われる私。部屋から検出される指紋。それは「指名手配中の容疑者」である、冴木のものだと告げられ--。

【2014年11月8日 柳楽優弥主演で映画化決定!】
【祝!NYチェルシー映画祭で<最優秀脚本賞>邦画、初受賞!】

アメリカで圧倒的な支持を受ける、中村文則の原点。

製品情報

製品名 最後の命
著者名 著:中村文則
発売日 2010年07月15日
価格 定価 : 本体460円(税別)
ISBN 978-4-06-276702-6
判型 A6
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年6月、弊社より単行本として刊行されたもの。

著者紹介

著:中村文則(ナカムラフミノリ)

(なかむら・ふみのり)
1977年愛知県生まれ。福島大学卒業。小説家。2002年、『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。'04年、『遮光』で野間文芸新人賞、'05年、『土の中の子供』で芥川賞、'10年、『掏摸<スリ>』で大江健三郎賞を受賞。'12年『掏摸<スリ>』の英訳が米紙ウォールストリートジャーナルの「年間ベスト10小説」に、'13年『悪と仮面のルール』の英訳が同紙の「年間ベスト10ミステリー」に選出された。数々の著作は各国で翻訳されており、'14年には米国で作家の活躍に対して贈られるDavid L.Goodis賞を受賞。
他の著書に『最後の命』『何もかも憂鬱な夜に』『去年の冬、きみと別れ』
などがある。
公式サイト→http://www.nakamurafuminori.jp/

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV