メニュー
  1. HOME
  2. 書籍シリーズ・雑誌と既刊紹介
  3. 講談社+α新書
  4. 日本は世界1位の金属資源大国

日本は世界1位の金属資源大国

ニホンハセカイイチイノキンゾクシゲンタイコク

著:平沼光

日本は世界1位の金属資源大国 表紙画像

書籍シリーズの既刊一覧

  • 発売日 : 2011年03月22日
  • 定価 : 本体838円(税別)

20万部突破のシリーズ第3弾
もうすぐ中国が頭を下げてくる!!
膨大な海底資源と「都市鉱山」で超高度成長! 主要レアメタルは埋蔵量比で世界上位を独占!!

都市鉱山を「資源」とした場合、日本にはどれほどの鉱物資源が埋まっているのか。「日本の金、銀の資源量は世界第一位」となるのだ。独立行政法人物質・材料研究機構の調べによると、地下資源としての金の世界埋蔵量は四万二〇〇〇トン。これに対し、日本の都市鉱山としての金の蓄積量は六八〇〇トン。世界の埋蔵量に対する我が国の金の都市鉱山比率は一六・一九パーセントとなり、その量を埋蔵量国別順位で見ると世界第一位に値する。また金だけではなく、銀の日本における都市鉱山の蓄積量は同じく世界第一位。加えて、アンチモン、インジウム、あるいはプラチナなどの白金族といったレアメタルも、日本は世界有数の資源国に匹敵する蓄積量を有するのである。

●アンチモンは埋蔵量比で世界4位
●タンタルはカナダを抜き世界3位
●膨大なレアアースを含む海底鉱床
●「都市鉱石」と呼ばれる粉
●埃をかぶった家電が日本を救う
●「原子炉錬金術」が実現する日
●燃料電池の核となる鉱物も大量に
●市場を席巻する日本の蓄電池技術
●次世代自動車はレアメタルの塊
●新技術を前にかすむ中国の戦略

  • 購入する
  • 書店在庫を探す
  • ISBN:978-4-06-272709-9
  • 判型/ページ数:新書/192ページ
  • シリーズ:講談社+α新書

著者紹介

おすすめの本

書店在庫を探す

ネット書店で探す