なにもしてない

講談社文庫
ナニモシテナイ
  • 電子あり
なにもしてない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現実と幻想の間を往還するモノローグの世界
群像新人賞、野間文芸新人賞、三島由紀夫賞、そして芥川賞。笙野頼子の第1小説集!

ナニモシテナイ幸福な私がなぜだか自分では気に入らないのだった。10年間ずっと私自身はナニカヲシテキタつもりでいたのだった。――生きていることのリアリティを希求して、現実と幻想の間を往還するモノローグの世界を描いた表題作に加えて「イセ市、ハルチ」の2編を収録する芥川賞作家の第1小説集。

製品情報

製品名 なにもしてない
著者名 著:笙野 頼子 解説:川村 二郎
発売日 1995年11月07日
価格 定価 : 本体466円(税別)
ISBN 978-4-06-263158-7
判型 A6
ページ数 226ページ
電子版製品名 なにもしてない
シリーズ 講談社文庫
初出 1991年9月刊行

オンライン書店で見る