欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防

ブルーバックス
オウベイジントハコンナニチガッタニホンジンノタイシツカガクテキジジツガオシエルタダシイガンセイカツシュウカンビョウヨボウ
  • 電子あり
欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人には、日本人のための病気予防法がある!

同じ人間であっても、外見や言語が違うように、人種によって「体質」も異なります。
そして、体質が違えば、病気のなりやすさや発症のしかたも変わることがわかってきています。

欧米人と同じ健康法を取り入れても意味がなく、むしろ、逆効果ということさえあるのです。

見落とされがちだった「体の人種差」の視点から、日本人が病気にならないための方法を、徹底解説!

・日本人は炭水化物を控えてはいけない
・日本人がオリーブオイルを摂りすぎると生活習慣病に
・筋トレをしても、日本人は“やせ体質”にはなれない
・血圧のために減塩すればいいとは限らない
・生活習慣が同じなら、日本人は欧米人より大腸がんになりやすい
・日本人は、欧米人より乳がんになりやすいタイプの乳房を持つ人が多い
・日本人が感染する東アジア型のピロリ菌は、欧米型のピロリ菌と違って胃がんを起こす力が強い
・日本人は、飲酒によって血圧が上がりやすく、すべてのがんの発症率も上がる
・・・・・・など、知られていなかった「日本人ならではの体質」の新常識が満載!

目次

  • ■体質を知れば常識が変わる
  • 1章 欧米人と日本人は体質が違う
  • 体質とは何か/体質には遺伝と環境がからみあう/病気にも「お国柄」がある/米国は人種によって医療が異なる!/日本人のための医療とは?
  • 2章 日本人、こんな健康法は意味がない
  • ・日本人は頑張って筋トレしても“やせ体質”にはならない
  • ・日本人はオリーブ油を使い過ぎると生活習慣病に
  • ・牛乳って必要? 日本人の骨粗鬆症発症率は米国白人の半分
  • ・日本人がヨーグルトを毎日食べると食物アレルギーを発症することも
  • ・日本人が夏バテをおそれてしっかり食べれば太るだけ
  • ・日本人の便秘予防、食物繊維を摂取するだけでは不十分…など
  • ■生活習慣病の新常識
  • 3章 糖尿病
  • 日本人のインスリンが効かなくなってきた/問題はカロリーではなく脂肪の摂取比率/内臓脂肪の何がいけないのか?/炭水化物を減らすのは大問題!/糖尿病予防のコツ
  • 4章 高血圧
  • 高血圧は遺伝で決まる?/食塩が犯人になったきっかけ/じつは塩分だけでは説明できない/食塩感受性は変動する/脳出血のリスクは、飲酒で2・5倍、喫煙で2倍に/本質は食のミネラルバランスの乱れ/塩分を減らせばいい、とは限らない
  • 5章 脂質異常症と動脈硬化
  • 動脈硬化は誰にでも起きる/そのコレステロール、健康維持に欠かせません/日本人に心臓病が少ないわけ/日本人の血管を守る魚と大豆の力/卵やイクラは心配ない/動脈硬化と骨粗鬆症の危険な関係
  • ■がん予防のための新常識
  • 6章 がんはどこまで予防できるか
  • 日本でがんが増えている?/がんは遺伝か、生活習慣か/がんの70%は予防できる/日本人のためのがん予防法
  • 7章 胃がん
  • 胃がんの原因はピロリ菌?/日本人はピロリ菌の種類も、遺伝子も違う/胃がんの引き金を引くもの/発がん性物質の合成をおさえる野菜の力
  • 8章 大腸がん
  • 日本人は大腸がんになりやすい?/日本人の腸内環境/肉の摂取量だけでは決まらない/日本人の弱点は? 
  • 9章 乳がん
  • 日本人の乳がんはどう違う?/食生活に関する重要な手がかり/食の欧米化の本質は/東アジアの女性を守る「ある食べ物」/乳がんを招く生活習慣

製品情報

製品名 欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防
著者名 著:奥田昌子
発売日 2016年12月13日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257997-1
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:奥田昌子(オクダマサコ)

内科医。医学博士。京都大学大学院医学研究科修了。愛知県出身。長年にわたり健診センターで予防医学に従事。大手化学メーカーの産業医を兼務し、医学文献、医学書の翻訳にもあたる。翻訳書に『身体が見える・疾患を学ぶ 解剖アトラス』(メディカ出版)、『ジョージィの物語――小さな女の子の死が医療にもたらした大きな変化』(英治出版)など。著書に『健康診断 その「B判定」は見逃すと怖い』(青春出版社)がある。

おすすめの本

オンライン書店で見る