門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか

ブルーバックス
カドタセンセイノスリーディープリンタニュウモンナニヲツクレルノカドウヤクダツノカ
  • 電子あり
門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、3Dプリンタのしくみや用途、3Dプリンタの普及とともに盛り上がる「ものづくり」の現状などを解説し、「3Dプリンタで何を作れる?」「3Dプリンタは何の役に立つ?」といった素朴な疑問に答えるものです。
技術教育講座の准教授で、ものづくりのための市民工房「ファブラボ」のディレクターでもある著者ならではの視点で、海外における3Dプリンタへの取り組み方、3Dプリンタと学校教育の関係、3Dプリンタを中心とした近年の「ものづくり」ブームを冷静に俯瞰して紹介していきます。

目次

  • 1部 3Dプリンタがわかる
  • 第1章 3Dプリンタとは
  • 第2章 3Dプリンタの原理
  • 第3章 3Dプリンタの構成
  • 第4章 3Dプリンタのソフトウェア
  • 2部 3Dプリンタを使う
  • 第5章 3Dプリンタからの出力
  • 第6章 3Dプリンタを使える場所
  • 3部 3Dプリンタを作る
  • 第7章 3Dプリンタの作り方
  • 第8章 3Dプリンタで未来を作る

製品情報

製品名 門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか
著者名 著:門田和雄
発売日 2015年10月20日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-257938-4
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 門田先生の3Dプリンタ入門 何を作れるのか、どう役立つのか
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:門田和雄(カドタカズオ)

宮城教育大学教育学部技術教育講座准教授。博士(工学)。東京工業大学附属科学技術高等学校機械システム分野教諭を経て、2015年より現職。2013年よりファブラボ関内のディレクターをつとめる。機械技術教育の実践と研究を活動の柱として、3Dプリンタ、ロボット、ねじなどに深い興味をもつ。主な著書は『基礎から学ぶ機械設計』『基礎から学ぶ機械工作』(SBクリエイティブ)、『トコトンやさしいねじの本』『トコトンやさしい制御の本』(日刊工業新聞社)など多数。

オンライン書店で見る