音律と音階の科学

ブルーバックス
オンリツトオンカイノカガク
  • 電子あり
音律と音階の科学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

音楽と数学の、ちょっと意外で濃密な関係

音楽に使うすべての音の関係を、ある原理にしたがって決めたものを「音律」といいます。それでは、いま私たちが何気なく使っているドからドまでの12個の音は、どのように決めたのでしょうか? そこには、音楽と数学のちょっと意外で濃密な関係があるのです。

ドレミ……は、まずピタゴラスが決めた!
ジャズ、ロック、ポップス、クラシック、歌謡曲……、あらゆる音楽に使われているドレミ……は、素数2と3を使って、まずピタゴラスが決めた。それから、純正律や、いくつかの音律を経て、現代の平均律へと進化した。音楽と数学の、ちょっと意外で濃密な関係を興味深く解き明かす。

目次

  • 第1章 楽器にドレミ……を視る、ドレミ……に触れる
  • 第2章 ドレミ……はピタゴラスから始まった
  • 第3章 永久に閉じない環をめぐって
  • 第4章 なぜドレミ……が好き?
  • 第5章 「起立」「礼」のハーモニー
  • 第6章 民族音楽に理屈を付ければ
  • 第7章 打楽器が作る音律
  • 第8章 音律の冒険

製品情報

製品名 音律と音階の科学
著者名 著:小方 厚
発売日 2007年09月21日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-257567-6
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 音律と音階の科学 ドレミ…はどのようにして生まれたか
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る