太閤私記

文芸
タイコウシキ
  • 電子あり
太閤私記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

我、信長を籠絡せり。主君の力量を見極め、弱点を探り、全力で取り入る。猿面の下に隠した野望。太閤秀吉、史上最大出世の秘密を語る。猿に似た醜い容姿。武勇に優れるわけではない。智謀に長けているわけでもない。そんな秀吉が、なぜ信長に重用されたのか。そしてなぜ天下人になり得たのか。秀吉の「人に優しくされる能力」「人を動かす能力」。それらが培われたのは、謎に包まれた秀吉の幼少期にあった。信長自身が、信長の人生を語る――驚きの着想で好評を博した『信長私記』に続く第二弾。今度は「豊臣秀吉が語る、天下人ができるまで」。

製品情報

製品名 太閤私記
著者名 著:花村 萬月
発売日 2017年10月18日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-220796-6
判型 四六変型
ページ数 320ページ
電子版製品名 太閤私記
初出 「小説現代」2015年11月号~2016年10月号

著者紹介

著:花村 萬月(ハナムラ マンゲツ)

1955年東京生れ。1989年、『ゴッド・ブレイス物語』で小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。1998年『皆月』で大19回吉川英治文学新人賞、同年『王国記』シリーズの序にあたる『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞を受賞。著作多数。

関連シリーズ

オンライン書店で見る