化身の哭く森

文芸
ケシンノナクモリ
  • 電子あり
化身の哭く森
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

7年前に消息を絶った祖父の痕跡を探すため、「入らずの山」と呼ばれる地に足を踏み入れた大学生・春日優斗と友人たち。
下山後、ほどなくして彼らは次々と死を遂げる。さらには祖父と繋がりのあった探偵も6年前に31歳の若さで亡くなっていた。
禁断の地に関わる者たちに訪れる非業の死。
これは祟りかそれとも……。
広島と東京で起きる死の連鎖に、元刑事の探偵・槙野康平と「鉄仮面」と呼ばれる警視庁捜査一課の刑事・東條有紀が迫る。

製品情報

製品名 化身の哭く森
著者名 著:吉田 恭教
発売日 2017年07月13日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-220651-8
判型 四六変型
ページ数 336ページ
電子版製品名 化身の哭く森

著者紹介

著:吉田 恭教(ヨシダ ヤスノリ)

1960年、佐賀県生まれ。2010年、『変若水(をちみづ)』が島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれ、翌年に同作でデビュー。以来、『ネメシスの契約』『可視える』など次々と上梓。近著に『背律』『亡者は囁く』『鬼を纏う魔女』がある。島根県在住。

オンライン書店で見る