ヴァラエティ

文芸
ヴァラエティ
  • 電子あり
ヴァラエティ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「奥田英朗はぜんぶ読んでる」という人にも、じつはまだ読んでいない作品がある!かも。単行本初収録の短篇をはじめ、現在入手困難となっているアンソロジーの短篇、唯一のショートショート、数少ない貴重な対談などを収録。コアなファンからちょっと気になった人まで、レアな奥田英朗を楽しめるスペシャル作品集!

目次

  • <短篇>
  • 「おれは社長だ!」
  • 「毎度おおきに」
  • 「ドライブ・イン・サマー」
  • 「セブンティーン」
  • 「住み込み可」
  • 「夏のアルバム」
  • <ショートショート>
  • 「クロアチアvs日本」
  • <対談>
  • イッセー尾形氏ほか

製品情報

製品名 ヴァラエティ
著者名 著:奥田 英朗
発売日 2016年09月20日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-220226-8
判型 四六
ページ数 272ページ
電子版製品名 ヴァラエティ
初出 「おれは社長だ!」…「小説現代」2007年12月号、「毎度おおきに」…「小説現代」2008年12月号、「「笑いの達人」楽屋ばなし」…「オール讀物」2006年8月号、「ドライブ・イン・サマー」…『男たちの長い旅』(アンソロジー/2006年/徳間文庫)所収、「クロアチアvs日本」…「読売新聞」2006年8月12日(夕刊)、「住み込み可」…「野性時代」2012年3月号、「総ての人が<人生の主役>になれるわけではない」…「文芸ポスト」 Vol.26、「セブンティーン」…『聖なる夜に君は』(アンソロジー/2009年/角川文庫)所収、「夏のアルバム」…『あの日、君と Boys』(アンソロジー/2012年/集英社文庫)所収。

著者紹介

著:奥田 英朗(オクダ ヒデオ)

1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作『最悪』がベストセラーに。2002年『邪魔』で大藪春彦賞を受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。ほかの著書に『ガール』、『向田理髪店』など。2016年には『ナオミとカナコ』が連続ドラマ化されるなど映像化作品も多く、日本のみならず韓国でも絶大な人気がある。

オンライン書店で見る