ホームズ四世

文芸
ホームズヨンセイ
  • 電子あり
ホームズ四世
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あの名探偵シャーロック・ホームズの曾孫は、新宿歌舞伎町のナンバーワン・ホストになっていた!? こんなホームズ、見たことない! 新堂冬樹しか書けない、掟破りのホームズ×ホスト×アドベンチャー!  
歌舞伎町のホストクラブ「ポアゾン」のナンバーワン・ホスト、木塚響の「太客」である加奈が失踪した。今こそ、曾祖父であるシャーロック・ホームズから受け継いだ、響の卓越した推理能力を発揮する時! その調査の途中で響は美女探偵・桐島檸檬と出会う。彼女はなんとホームズの盟友、ワトスンの曾孫だった!? しかも失踪事件の背後に潜む巨悪は、ホームズの宿敵というべき「あの男」の血を継ぐ者・・・!? 
現代のベイカー街と化した歌舞伎町を舞台に、とびきり異色なヤング・ホームズの大胆不敵な冒険が始まる!

製品情報

製品名 ホームズ四世
著者名 著:新堂 冬樹
発売日 2016年08月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-220140-7
判型 四六
ページ数 352ページ
電子版製品名 ホームズ四世
初出 「メフィスト」2013 VOL.1~2016 VOL.1に連載(全10回)

著者紹介

著:新堂 冬樹(シンドウ フユキ)

1998年に『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞し、デビュー。著作は『闇の貴族』『ろくでなし』『無間地獄』『カリスマ』『悪の華』『忘れ雪』『黒い太陽』『天使がいた三十日』『アキバの帝王』などヒット作多数。裏社会をハードに描く「黒新堂」と静謐な恋愛小説を書く「白新堂」と2つの顔を持つ。芸能プロダクション(新堂プロ)も経営し、その活動は多岐にわたる。

オンライン書店で見る