犬死伝 赫ける、草莽の志士

文芸
イヌジニデンカガヤケルソウモウノシシ
  • 電子あり
犬死伝 赫ける、草莽の志士
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「倒幕」と「年貢半減」を目指す小島四郎は、尊皇派と佐幕派がしのぎを削る江戸で「青雲隊」を結成。後に京に上って、薩摩藩の大物・西郷吉之助(のちの隆盛)と面会する。その席で頼まれたのは、江戸の攪乱。幕府の砦を乱すことで、幕軍の最後の反撃を誘い出す策だった。西郷の要請を受け入れた四郎は早速江戸に引き返す。相楽総三と名乗り薩摩邸を根城に、江戸やその周辺で強盗・放火を繰り返す。とどめは、江戸を守る庄内藩への襲撃と江戸城二の丸への放火。幕府側の反撃に遭い、総三と青雲隊は命からがら江戸から京へ落ち延びる。総三の江戸攪乱が功を奏し、京では「鳥羽・伏見の戦い」が勃発し薩長が勝利する。総三は東征隊の栄誉ある先鋒隊に任じられ、「赤報隊」と命名して隊長の座に就いた。江戸一番乗りを果たすべく、意気揚々と進む東山道。だが、下諏訪の手前で信じがたい情報が入る。自隊が「偽官軍」と呼ばれているらしいのだ……。

製品情報

製品名 犬死伝 赫ける、草莽の志士
著者名 著:小嵐 九八郎
発売日 2016年06月22日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-220105-6
判型 四六変型
ページ数 320ページ
電子版製品名 犬死伝 赫ける、草莽の志士

オンライン書店で見る