ビビビ・ビ・バップ

文芸
ビビビビバップ
  • 電子あり
ビビビ・ビ・バップ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「僕の葬式でピアノを弾いて頂きたいんです」
それがすべての始まりだった。
電脳内で生き続ける命、アンドロイドとの白熱のジャズセッション。大山康晴十五世名人アンドロイドの謎、天才工学少女、迫り来る電脳ウィルス大感染…。平成の新宿から近未来の南アフリカまで、AI社会を活写し、時空を超えて軽やかに奏でられるエンタテインメント近未来小説!

製品情報

製品名 ビビビ・ビ・バップ
著者名 著:奥泉 光
発売日 2016年06月22日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220062-2
判型 四六変型
ページ数 664ページ
電子版製品名 ビビビ・ビ・バップ
初出 「群像」2014年1月号~2015年12月号

著者紹介

著:奥泉 光(オクイズミ ヒカル)

1956年山形県生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。同大学院博士課程前期課程修了。1986年、すばる文学賞の最終候補作『地の鳥 天の魚群』を「すばる」に発表しデビュー。主な著作に『葦と百合』、『ノヴァーリスの引用』(第15回野間文芸新人賞)、『石の来歴』(表題作で第110回芥川龍之介賞)、『『吾輩は猫である』殺人事件』、『鳥類学者のファンタジア』、『浪漫的な行軍の記録』、『モーダルな事象――桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活』、『神器――軍艦「橿原」殺人事件』(第62回野間文芸賞)、『シューマンの指』、『虫樹音楽集』、『東京自叙伝』(第50回谷崎潤一郎賞受賞)、戯曲に『メフィストフェレスの定理――地獄シェイクスピア三部作』、共著に『文芸漫談――笑うブンガク入門』、『世界文学は面白い。――文芸漫談で世界一周』(いとうせいこうとの共著)などがある。

オンライン書店で見る