拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

ノンフィクション・学芸(単行本)
ラチヒガイシャタチヲミゴロシニシタアベシンゾウトレイケツナメンメン
著:蓮池透
拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 2002年の日朝平壌会談のあと、安倍晋三は、本当に拉致被害者たちの北朝鮮一時帰国に反対したのか? 
 その後、対北朝鮮強硬派として政治的な地位を高めた現首相、そして、その周辺に蠢いた数多くの人間たちの打算と裏切りを告発する、究極のインサイド・ストーリー!!

目次

  • 序 章 「救う会」に乗っ取られた「家族会」
  • 第1章 拉致問題を利用してのし上がった男
  • 第2章 被害者死亡を認めた首相の大罪
  • 第3章 拉致を利用したマドンナ
  • 第4章 情報はゼロの外交官
  • 第5章 「救う会」を牛耳った鵺
  • 第6章 政治家を恐れるマスコミの罠
  • 第7章 カンパを生活費にする男
  • 第8章 家族会を過激にした張本人
  • 特別対談 拉致問題の現在と最終解決とは(青木理&蓮池透)

製品情報

製品名 拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々
著者名 著:蓮池透
発売日 2015年12月17日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219939-1
判型 四六
ページ数 288ページ

著者紹介

著:蓮池透(ハスイケトオル)

蓮池 透(はすいけ・とおる)
 1955年、新潟県に生まれる。東京理科大学工学部電気工学科卒業後、1977年、東京電力に入社。2002年、日本原燃に出向。同社燃料製造部副部長。核廃棄物再処理(MOX燃料)プロジェクトを担当。2006年、東京電力原子燃料サイクル部部長(サイクル技術担当)。2009年に東京電力を退社。1978年に北朝鮮に拉致された蓮池薫の実兄。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)の事務局長などを歴任する。
 著書には、『奪還 引き裂かれた二十四年』『奪還第二章 終わらざる闘い』(以上、新潮社)、『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』 『私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として』(以上、かもがわ出版)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • エルパカBOOKS
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス