やがて海へと届く

文芸
ヤガテウミヘトトドク
  • 電子あり
やがて海へと届く
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地震の前日、すみれは遠野くんに「最近忙しかったから、ちょっと息抜きに出かけてくるね」と伝えたらしい。そして、そのまま行方がわからなくなった――(本文より)

すみれが消息を絶ったあの日から三年。
真奈の働くホテルのダイニングバーに現れた、親友のかつての恋人、遠野敦。彼はすみれと住んでいた部屋を引き払い、彼女の荷物を処分しようと思う、と言い出す。
親友を亡き人として扱う遠野を許せず反発する真奈は、どれだけ時が経っても自分だけは暗い死の淵を彷徨う彼女と繋がっていたいと、悼み悲しみ続けるが――。
【死者の不在を祈るように埋めていく、喪失と再生の物語】

製品情報

製品名 やがて海へと届く
著者名 著:彩瀬 まる
発売日 2016年02月03日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219925-4
判型 四六
ページ数 224ページ
電子版製品名 やがて海へと届く

著者紹介

著:彩瀬 まる(アヤセ マル)

1986年生まれ。2010年「花に眩む」で第9回「女による女のためのR-18文学賞読者賞」を受賞しデビュー。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』(新潮社)『骨を彩る』(幻冬舎)『神様のケーキを頬ばるまで』(光文社)『桜の下で待っている』(実業之日本社)がある。自身が一人旅の途中で被災した東日本大震災時の混乱を描いたノンフィクション『暗い夜、星を数えて――3・11被災鉄道からの脱出――』を2012年に刊行。

オンライン書店で見る