吸血鬼

文芸
キュウケツキ
吸血鬼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

独立蜂起の火種が燻る十九世紀のポーランド。
その田舎村に赴任する新任役人のヘルマン・ゲスラーとその美しき妻・エルザ。この土地の領主は、かつて詩人としても知られたアダム・クワルスキだった。
赴任したばかりの村で次々に起こる、村人の怪死事件――。
その凶兆を祓うべく行われる陰惨な慣習。
蹂躙される小国とその裏に蠢く人間たち。
西洋史・西洋美術に対する深い洞察と濃密な文体、詩情溢れるイメージから浮かび上がる、蹂躙される「生」と人間というおぞましきものの姿。
芸術選奨新人賞、吉川英治文学新人賞受賞作家の新たなる代表作となる長編小説です。

製品情報

製品名 吸血鬼
著者名 著:佐藤亜紀
発売日 2016年01月25日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-219918-6
判型 四六変型
ページ数 288ページ
初出 「小説現代」2015年3月号~10月号

著者紹介

著:佐藤亜紀(サトウアキ)

佐藤亜紀 一九六二年、新潟県生まれ。一九九一年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。二〇〇二年、『天使』で芸術選奨新人賞を、二〇〇七年刊行の『ミノタウロス』は吉川英治文学新人賞を受賞した。その他の著書に、『戦争の法』『鏡の影』『モンティニーの狼男爵』 『雲雀』『激しく、速やかな死』 『醜聞の作法』『金の仔牛』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV