老後貧困から身を守る

講談社の実用書
ロウゴヒンコンカラミヲマモル
  • 電子あり
老後貧困から身を守る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 超高齢化社会が進むにつれ、様々な社会問題が増えています。認知症になり、財産や住居をだまし取られ、悲惨な目にあったり、認知症や足腰が動かなくなるまではいかなくても、若いときほど動けずに、自分の思うような暮らしを送れなくなったり、そんな状況になる可能性は誰にでもあります。
 終活に向けて、自分が認知症になった場合や動けなくなった場合の漠然とした不安がありながらどうしたらいいのかわからないという人が多い現状に、高齢者の財産管理や生活の見守りを多く請け負う司法書士が、アドバイスをします。
 まずは早めに高齢者の財産や暮らしを守る制度のことを知っておくことが大切です。また、制度を利用するしないにかかわらず、困ったときに誰にどう相談できるか、わかっているだけでも心強いと思います。深刻な状況でなくても、老後がなんとなく心配になったらぜひ司法書士に気軽に相談してほしい、早めに対策を考えるきっかけにしてほしい、そんな思いがこめられています。
 自分が快適に暮らせる環境や住居で、自分の財産を自分のために守りながら、人生の最後まで心穏やかに過ごしたい、でも社会の暗いニュースに不安が大きくふくらんでいる、そんな人に役立つ1冊です。

目次

  • 【序章】4人に1人が65歳以上という時代。高齢者の3人に1人が認知症とその予備軍。あなたの老後は誰が守る?
  • 【第1章】元気なうちの老い支度が必要! 
  • 認知症で日常はこう変わる/あの手この手で詐欺に狙われる/親の介護のための預金がおろせない!/ものを売った相手が認知症だったら…●認知症の高齢者は必ず狙われる●老老介護、認認介護の悲劇●子供はいつでも親の味方でいられるか
  • 【第2章】高齢者を守る安心のしくみ
  • 知っておきたい、老後のお金、希望の暮らしが不当に奪われることを避ける手段●遅くても65歳になったら老後の守り支度を始めましょう●誰に相談?どんなサポート?老後を守るしくみQ&A(お金がなくても利用できる制度はありますか?/
  • 判断能力が衰えてなくても、不安なときに支援してもらえますか? など)
  • 【第3章】親や親戚が認知症に!
  • 親の財産と暮らしを守るためにするべきこと●親のお金が正しく使われて兄弟や親族の争いを避けるために知っておきたいことQ&A(親族でも横領があるときき不安です/無料で相談できるところがありますか? など)
  • 【第4章】成年後見人として関わった人生と幸せな老後への道
  • 【おわりに】幸せな老後は手に入れられるものです

製品情報

製品名 老後貧困から身を守る
著者名 著:細沢 祐樹
発売日 2015年11月13日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219767-0
判型 四六
ページ数 160ページ
電子版製品名 老後貧困から身を守る

著者紹介

著:細沢 祐樹(ホソザワ ユウキ)

1982年静岡生まれ。
大学在学中に司法書士資格を取得し、卒業後大手司法書士法人に就職。
マンションの大量登記や、不動産売買の立会業務、金融機関の担保設定、戸建新築の不動産登記、法人の設立登記、成年後見人申立業務などを担当する。26歳で独立、細沢司法書士事務所を開業。
実務経験や法的知識を、今後増加する高齢者の問題解決に役立てたいと、成年後見人や相続、遺言に関する相談を数多く受ける。税務や不動産の知識を豊富に持ち、幅広い顧客の相談ニーズに応えている。自分の家族のように顧客の人生を親身に考えてくれると評判。1年間で1041件の相談実績を持つ。

オンライン書店で見る