ウォーク・イン・クローゼット

文芸
ウォークインクローゼット
  • 電子あり
ウォーク・イン・クローゼット
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

28歳OL、彼氏なし。素敵な服で武装して、欲しいものを手に入れたい!
女同士、男と女の微妙な友情と人間関係を描く、コミカルでせつなくて少しブラックな魅力全開の2年ぶり最新小説集。

【収録作品】
「ウォーク・イン・クローゼット」
主人公・早希は、28歳、彼氏なしのOL。売り出し中のタレントだりあは幼なじみ。だりあのマンションには、撮影で着て買い取った服がぎっしりの、早希には夢のようなウォーク・イン・クローゼットの部屋があるのだ。そんなふたりの友情のゆくえは…?

「いなか、の、すとーかー」
陶芸家デビューからわずか3年、石居は、テレビで特集が組まれるほどの人気の売れっ子。東京の美大卒業後、郷里に戻り、工房をかまえ、絵になるロハスな陶芸家生活を送っている。しかし、以前から彼を追う女ストーカー・砂原が工房に現れるようになり、事態はどんどん不穏さを増していき…。

製品情報

製品名 ウォーク・イン・クローゼット
著者名 著:綿矢りさ
発売日 2015年10月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-219757-1
判型 四六
ページ数 256ページ
電子版製品名 ウォーク・イン・クローゼット
初出 「いなか、の、すとーかー」…「群像」2013年11月号、「ウォーク・イン・クローゼット」…「群像」2015年8月号。

著者紹介

著:綿矢りさ(ワタヤリサ)

綿矢りさ(わたや・りさ)
1984年生まれ。京都市立紫野高校在学中に17歳で初めて書いた小説「インストール」で、文藝賞受賞。19歳で書いた第2作の「蹴りたい背中」で、芥川賞受賞。史上最年少での受賞として話題になり、同作は120万部の大ベストセラーに。
その後、早稲田大学教育学部に進学、卒業後は、専業の作家として執筆を行う。2011年、『かわいそうだね?』(文芸春秋)で大江健三郎賞受賞。
上記以外のおもな著書に『しょうがの味は熱い』『勝手にふるえてろ』(文芸春秋)、『夢を与える』『憤死』(河出書房新社)、『ひらいて』『大地のゲーム』(新潮社)など。

オンライン書店で見る