映画時評 2012-2014

文芸
エイガジヒョウ2012-2014
映画時評 2012-2014
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

映画の歴史にはそれが存在していることを祝福するしかない作品が存在する──映画批評の第一人者による時評・評論・対談集、『映画時評』第2弾!
『群像』の人気連載完結!この1冊で2012年から2014年、3年間の映画シーンの全てがわかる。


『無言歌』『果てなき路』『J・エドガー』『戦火の馬』『三重スパイ』 『ファウスト』『愛の残像』『イニスフリー』『Virginia/ヴァージニア』『ダークナイト・ライジング』『アウトレイジ ビヨンド』『カリフォルニア・ドールズ』『秋のソナタ』『Playback』『ムーンライズ・キングダム』『ホーリー・モーターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』『三姉妹─雲南の子』『リアル─完全なる首長竜の日─』『熱波』『アイス』『ポルトガル、ここに誕生すーーギマランイス歴史地区』『眠れる美女』『女っ気なし』『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』『スティーラーズ』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『イヌミチ』『セインツーー約束の果て』『罪の手ざわり』
『グランド・ブダペスト・ホテル』『収容病棟』『ドライブイン蒲生』『静かなる男』『やさしい人』『さらば。愛の言葉よ 3D』

製品情報

製品名 映画時評 2012-2014
著者名 著:蓮實 重彦
発売日 2015年07月09日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-219629-1
判型 四六
ページ数 360ページ
初出 1.映画時評2012-2014 …「群像」2012年1月号~2014年12月号。 2.「映画時評」の余白に…パンフレットや「朝日新聞デジタル」「調査情報」「文學界」「朝日新聞」「ユリイカ」「週刊読書人」に掲載された文章や対談、鼎談。

著者紹介

著:蓮實 重彦(ハスミ シゲヒコ)

1936年東京生まれ。フランス文学者、映画批評家。東京大学仏文学科卒業、パリ大学にて博士号取得。東京大学教授を経て、東京大学代26代総長。主な著書に『反=日本語論』
『表象の奈落』『映画崩壊前夜』『随想』『映画狂人』シリーズなど多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV