お米ができるまで

オコメガデキルマデ
お米ができるまで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

毎日食べているのに、意外に知らない米作り。魚沼市のお米農家に密着取材! 愛と工夫にみちみちた米作りに迫ります! お米作りは、愛と危険がいっぱいでした。

<あとがきより抜粋>

お米って、どうやって作るんだろう? 小学五年生のときに田植えと稲刈りの体験授業を受けたことがあるけれど、じゃあ、田植えのときに使う苗は、どうやって育てるの? 稲穂はどこから、どんなふうに出てくるの?
どうしても知りたくなり、新潟県魚沼市でお米を作っている、小岩孝徳さんに教えていただくことにしました。
 取材をはじめてすぐにわかったことは、お米の作り方は、作る人によってまったくちがうということでした。取材を始める前はいつも、資料を読んで調べてからいくのですが、私が調べたことと小岩さんがやっていることは、ちがうところだらけだったのです。
 その土地にあわせた米作り。場所、気候、お米の品種。さらに、それぞれの米農家さんが、これまでの経験で得たノウハウによっても作り方はちがってきます。
 米作りは、カレーに似ている。
 ふと、そんなことを思いつきました。カレーには、たくさんの種類があります。入っている肉もチキンだったりポークだったり、シーフードだったり(私はひき肉で作ります!)。作り方はそれぞれちがうけれど、でも、どの家のカレーもとても美味しい。
 小岩さんは、雪の多い地域の山の中という独特な環境のなかで、小岩さんが考え抜いたやり方で、美味しいお米を作っていました。

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

目次

  • プロローグ
  • 第一章 三月 「雪どけ前から、はじまります!」
  • 第二章 四月上旬 「いい種は、いいにおいがするんです!」
  • 第三章 四月中旬 「ときどきちらりとのぞきます!」
  • 第四章 四月下旬 「ライトをつければ、夜でも見えます!」
  • 第五章 五月 「ダイヒョー! 田植え機が白煙を上げています!」
  • 第六章 六月 「スイッチを入れるようには、いきません!」
  • 第七章 九月 「黄金の大海原、一年間の集大成!」
  • 第八章 十月~冬 「春を待つあいだに」
  • あとがき

製品情報

製品名 お米ができるまで
著者名 作:岩貞 るみこ 絵:武田 美穂 写真:田丸 瑞穂
発売日 2015年07月23日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219586-7
判型 四六
ページ数 240ページ

著者紹介

作:岩貞 るみこ(イワサダ ルミコ)

著者●岩貞るみこ
ノンフィクション作家、モータージャーナリスト。横浜市出身。青い鳥文庫に、書き下ろしのノンフィクションが4冊あり、ていねいな取材に裏打ちされた読みやすさで、小学生に大人気。
青い鳥文庫のノンフィクションに、『しっぽをなくしたイルカ-沖縄美ら海水族館フジの物語-』『命をつなげ! ドクターヘリ-日本医科大学千葉北総病院より-』『ハチ公物語-待ちつづけた犬-』『ゾウのいない動物園-上野動物園 ジョン、トンキー、花子の物語-』がある。
また、ドクターヘリの第一人者日本医科大学千葉北総病院救命救急センターへの取材をもとにした小説に、「ドクターヘリ物語」シリーズ、「フライトナース ハナ」シリーズがある。
その他の著書に『攻めの医療で命を救え! 救命救急フライトドクター』『青い鳥文庫ができるまで』(ともに講談社)、『ベイリー、大好き セラピードッグと小児病院のこどもたち』(小学館)など

絵:武田 美穂(タケダ ミホ)

画家●武田美穂
絵本作家・画家。東京生まれ。手がけた絵本に、「ますだくん」シリーズ、『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』、『すみっこのおばけ』などあり、受賞歴多数。挿絵の仕事に、「ざわざわ森のがんこちゃん」シリーズ、「こぶたのぶうぶ」シリーズなど。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV