五木寛之の金沢さんぽ

イツキヒロユキノカナザワサンポ
  • 電子あり
五木寛之の金沢さんぽ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

《もう一つの故郷》かつて移り住んだことのある金沢。その伝統の街の陰影を、旅行者の視点と居住者の視点の両方を踏まえて描く。兼六園あり、犀川・浅野川あり、内灘あり。加賀百万石の城下町は、いまも息づいている。/《古い街、新しい風》浅野川に沿う古い街・主計町には「くらがり坂」という坂がある。そばの金沢文芸館には「五木寛之文庫」がある新しい建物。海沿いに足を延ばせば、北前船で活躍した加賀商人の栄華の跡がうかがえる。/《ふりむけば鏡花》金沢では三文豪という言葉がよく聞かれる。徳田秋声、室生犀星、泉鏡花の三人だ。特に泉鏡花の仕事は魅力的で、浅野川の下町的文化に育まれた世界とも言える。三文豪の記念館もそろっている。/《加賀百万石の面影》金沢の人たちは加賀百万石の城下町ということを誇りにしている。前田利家という戦国武将が進駐してからの歴史でもある。地名の由来は、砂金を洗った「金洗沢」と呼ばれた泉の名前に由るらしい。/《北陸ひとり旅》一時期住んでいたこともある金沢。著者はいまでも泉鏡花賞などで頻繁に金沢を訪れる。その途次には「内灘」など日本海の風景があり、夜行寝台列車「北陸」のことも忘れがたい。富山土産は「鱒寿司」がいい。

製品情報

製品名 五木寛之の金沢さんぽ
著者名 著:五木寛之
発売日 2015年03月10日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219437-2
判型 四六
ページ数 212ページ
電子版製品名 五木寛之の金沢さんぽ 【五木寛之ノベリスク】
初出 1967年~2014年に週刊誌や月刊誌、新聞、著書『日本人のこころ3』で発表された文章を一部加筆修正して刊行しました。

オンライン書店で見る