かわいい結婚

文芸
カワイイケッコン
かわいい結婚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

毎日毎日洗濯して、掃除して、ごはんを作る。それがゴールなら、わたしは誰とも恋なんかしない――。
地方在住・無気力主婦の孤独をコミカルに描く「かわいい結婚」、ある朝目覚めたら女になっていた男が遭遇する世界を描く「悪夢じゃなかった?」ほか、男と女と世界のギャップを可笑しくも痛切に描きだす、注目作家・山内マリコの新境地!
2008年「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞、2012年、初の著書『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎)で地方生まれ・在住女子の閉塞感と希望をリアルに描き、大きな共感と話題を集めた山内マリコの最新小説集。家事嫌いの専業主婦の日常や、男が女に変身するハプニングから見えてくる新たな世界をコミカルなタッチで描きながら、男女関係の「見えないルール」に対する痛烈な皮肉が伝わる快作!

目次

  • かわいい結婚
  • 悪夢じゃなかった?
  • お嬢さんたち気をつけて

製品情報

製品名 かわいい結婚
著者名 著:山内 マリコ
発売日 2015年04月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219405-1
判型 四六変型
ページ数 224ページ
初出 「かわいい結婚」…「群像」2014年11月号、「悪夢じゃなかった?」…「群像」2014年4月号、「お嬢さんたち気をつけて」…「小説現代」2013年9月号。

著者紹介

著:山内 マリコ(ヤマウチ マリコ)

やまうち・まりこ 
1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業後、京都でのライター生活を経て上京。2008年「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞。著書に『ここは退屈迎えに来て』、『アズミ・ハルコは行方不明』、『さみしくなったら名前を呼んで』(いずれも幻冬舎)、『パリ行ったことないの』(フィガロブックス)がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV