浪華古本屋騒動記

文芸
ナニワフルホンヤソウドウキ
  • 電子あり
  • 受賞作
浪華古本屋騒動記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 舞台は現代の大阪。古本屋の商売は年々厳しく、ある者は借金取りに追われ、またある者はアルバイトで稼ぎしのいでいる。大きく稼げる古典籍というものは、歴史的な大火に何度も見舞われた大阪からはもはや出てくる筈が無い、というのが古本屋の間では常識となっている。
 ところが、「お宝はあんねん」と名物古書店の3代目・高津は、遊郭の畳の下から見つけてきたという、マル描いていてチョンの古地図を振りかざして若い古本屋たちに号令をかけた。しかし、有名大学を出て親の後を継いだ桃神書房の啓太は来ずに風俗通いを噂され、チキチキ書房のチキは街金に手を出して、妻と元愛人に店を任せたまま行方が知れない。集まったのは、自分の店を持たずチキの店を手伝う心優しいムシカと、理香子の二人だけ。東京で働く理香子は大阪に出張で来ており、行末に悩みを抱えている。小学校時代同級生だった理香子に、啓太もムシカも思いを寄せていた。
 高津の読みどおり、大阪のどこかにお宝は眠っているのか? 古本屋たちは智恵を巡らせ、それぞれのやり方でお宝探しを始める。

製品情報

製品名 浪華古本屋騒動記
著者名 著:堂垣園江
発売日 2015年04月08日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219404-4
判型 四六
ページ数 216ページ
電子版製品名 浪華古本屋騒動記
初出 「群像」2014年12月号、2015年1月号

著者紹介

著:堂垣園江(ドウガキソノエ)

1960年大阪生まれ。1996年に「足下の土」で第39回群像新人文学賞優秀作。1994年からカナダに暮らし、1997年からメキシコに在住。1999年、初の作品集『ゼラブカからの招待状』で第21回野間文芸新人賞候補となる。2000年に帰国し大阪に住む。2001年に『ベラクルス』で野間文芸新人賞を受賞。他の著書に、『ライオン・ダンス』、『グッピー・クッキー』『うつくしい人生』がある。織田作之助青春賞選考委員を務める。

オンライン書店で見る