されど“服”で人生は変わる

文芸
サレドフクデジンセイハカワル
されど“服”で人生は変わる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「面白くって役に立つ!」と大評判。人生の岐路に、危機に、停滞に効く、オシャレの処方箋。大人気エッセイが、新書版で登場!
「服で損をしている気がする」「毎日の服選びが憂うつ」「本当に似合う服がわからない」「『オシャレな人』と言われてみたい」――そんなあなたに“今すぐ”効きます!

 今では当たり前になった“美容ジャーナリスト”という肩書きを世に広めた人気エッセイスト齋藤薫さん。女性の心をつかむ「齋藤理論」は、説得力と実践力を備えています。その理論をファッション、すなわち女性の毎日の着こなしにこそ、応用してみるべきなのではないか? という狙いから編まれ、13万部を超えるヒット作となった通称「され服」を、さらに多くの読者に届けるため、価格を下げた新書版として刊行します。

目次

  • まえがき――自分自身がオシャレに疲れたのが始まり。“着ることで幸せになる方法”を探りたかった
  • 1服で損をしていると感じている人へ――
  • (“愛され服”のウソ・ホント/他人の服見て、我が服直せ/男と会う服、女と会う服
  • /女友達の影響力/損する服、得する服/女が本当に、大人の服に着替える時)
  • 2毎日の服選びが憂うつな人へ――。
  • (オシャレに疲れたら……/風水的“開運”ファッション/雨ニモ負ケズ/幸せを着るファッションセラピー/恋する服、3段活用)
  • 3自分に本当に似合う服が知りたい人へ――。
  • (大きい人の服、小さい人の服/顔と服/ゴールドな女、シルバーな女、パールな女/コートでわかる“自分スタイル”/女とカバン/若服、老け服、若づくり服/「恥ずかしい服」を考える)
  • 4一目置かれる着こなしを身につけたい人へ――。
  • (着まわしからの脱却/高く見えるデニム、安く見えるデニム/モテる女の“黒”使い/衣替えってホントに必要?/日本人は、世界でいちばんオシャレになったか?/女は頭で痩せる、服で痩せる/食べている時の“オシャレ”について)

製品情報

製品名 されど“服”で人生は変わる
著者名 著:齋藤 薫
発売日 2014年09月23日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-219133-3
判型 新書
ページ数 288ページ
初出 2009年に小社より刊行した単行本『されど“服”で人生は変わる』を底本としました。<Style連載「齋藤薫 エレガンス現象学」(2003年7月号~2006年3月号)、「齋藤薫 素敵で不敵なSTYLE塾(2007年10月号より「スタイルのある女(ひと)がいちばんオシャレ!」と改題)」(2006年4月号~2008年11月号)より抜粋し、加筆訂正>

著者紹介

著:齋藤 薫(サイトウ カオル)

女性誌編集者を経て、美容ジャーナリスト/エッセイストへ。女性誌において多数の連載を持つほか、美容記事の企画、商品開発のアドバイザーなど幅広く活躍中。『大人になるほど愛される女は、こう生きる』『あなたには“躾”があるか?』など著書多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV