「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義

文芸
セイメイリョクノユクエカワリユクセカイトブンジンシュギ
  • 電子あり
「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今、何が起こっているのか? 私たちはこれからどこへ向かうのか?
複雑化する現代社会で「生きづらさ」を抱える人々に、新しい人間観「分人主義」を提示して大きな反響を集めた作家・平野啓一郎。本書は著者が、同時代の政治経済社会から文学・アート・エンタテインメントまで、多様な現実の事象と向き合って生まれた思考の軌跡としての評論・エッセイ、および各ジャンルの第一人者との対話をあわせて収録する、7年ぶりのエッセイ&対談集です。いわば平野自身による「分人主義」実践篇として、様々な場面で、様々な視点で、様々な智者と共に「今」を考え、未来へのヒントを提供する、待望の一冊。

【エッセイ】=アバター、AKB、キャプテン翼、「英霊」、震災、監視社会、グローバリズム、格差、携帯メール、電子書籍、スノーデン情報、パリのラーメン、熟年離婚、ジャレド・ダイアモンド、マイケル・ジャクソン、ファスト・ファッション、ゴミ御殿、森村泰昌、森山大道、深澤直人、横尾忠則、三島由紀夫、田中慎弥…ほか

【対談者】=大澤真幸(社会学者)、亀山郁夫(ロシア文学者)、高橋源一郎(作家)、田中裕介(英文学者)、中島岳志(政治学者)、古井由吉(作家)、三浦雅士(文芸評論家)、森達也(作家・映画監督)

目次

  • 目次
  • 1 社会の生命力
  • 2 アート&エンタテインメントの生命力
  • 3 文学の生命力
  • 【対談者】 大澤真幸(社会学者)、亀山郁夫(ロシア文学者)、高橋源一郎(作家)、田中裕介(英文学者)、中島岳志(政治学者)、古井由吉(作家)、三浦雅士(文芸評論家)、森達也(作家・映画監督)。

製品情報

製品名 「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義
著者名 著:平野 啓一郎
発売日 2014年09月22日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-219063-3
判型 四六変型
ページ数 400ページ
電子版製品名 「生命力」の行方――変わりゆく世界と分人主義
初出 2006年から2014年初頭にかけて、雑誌や新聞に掲載されたエッセイや対談をまとめたもの。

著者紹介

著:平野 啓一郎(ヒラノ ケイイチロウ)

平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)
1975年、愛知県生まれ。北九州市で育つ。京都大学法学部卒業。98年、「日蝕」でデビュー、同作で第120回芥川賞を受賞。2009年、『決壊』で芸術選奨文部科学大臣賞新人賞、『ドーン』で第19回bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。ほかの著書に『葬送』『高瀬川』『滴り落ちる時計たちの波紋』『顔のない裸体たち』『あなたが、いなかった、あなた』『かたちだけの愛』などがある。近年では2012年刊行の長編小説『空白を満たしなさい』、現代新書『私とは何か 「個人」から「分人」へ』で提唱した「分人」というアイデンティティ観が幅広い分野で注目されている。

オンライン書店で見る