猫弁と魔女裁判

文芸
ネコベントマジョサイバン
猫弁と魔女裁判
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

百瀬太郎(ももせたろう)は、青い瞳の女性国際スパイの強制起訴裁判に、指定弁護人として選任された。
挙式の相談に乗ってくれない百瀬に困惑する婚約者の亜子(あこ)。
事務所に帰ってこない主を待ちわびる野呂(のろ)と七重(ななえ)。
飼い主と会えずに寂しい日々を送るテヌー。
百瀬の事務所を手伝う赤井(あかい)、百瀬の身を案じる法律王子と透明人間、百瀬を利用しようとする業界最大手法律事務所の秦野。
一心不乱に裁判の準備をする天才弁護士は、シリーズ最終巻にしてついに法廷に立つ。

製品情報

製品名 猫弁と魔女裁判
著者名 著:大山 淳子
発売日 2014年06月24日
価格 定価 : 本体1,450円(税別)
ISBN 978-4-06-218998-9
判型 四六変型
ページ数 288ページ

著者紹介

著:大山 淳子(オオヤマ ジュンコ)

2006年、『三日月夜話』で城戸賞入選。
2008年、『通夜女』で函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ。
2011年、『猫弁~死体の身代金~』にて第三回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞。デビュー作『猫弁』は単行本と文庫をほぼ同時に発売し、どちらも大反響を得て版を重ねた。続く6月に『猫弁と透明人間』を刊行し、こちらも2013年4月にドラマ化された。シリーズ3作目『猫弁と指輪物語』、4作目に『猫弁と少女探偵』を発表し、本作でシリーズ完結となる。