パリ症候群 愛と殺人のレシピ

文芸
パリシンドロームアイトサツジンノレシピ
  • 電子あり
パリ症候群 愛と殺人のレシピ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

パリで死んだ従妹の遺品を整理するため渡航した清美。彼女の死は、本当に自殺なのか?現地での従妹の乱れた生活を知るほどに疑惑は深まっていく(「パリ症候群」)ほか、鮮やかな結末が魅力的な日本推理作家協会賞短編部門候補作「青い絹の人形」など知的で洗練されていながらも「毒」を含んだ短編5編を収録した粒よりの短編集。

目次

  • 「パリ症候群」(書下ろし)
  • 「砂の住人1――クロテロア――」(メフィスト掲載)
  • 「砂の住人2――依頼人――」(書下ろし)
  • 「すべては二人のために」(メフィスト掲載)
  • 「青い絹の人形」(メフィスト掲載、日本推理作家協会賞短編部門候補作)

製品情報

製品名 パリ症候群 愛と殺人のレシピ
著者名 著:岸田 るり子
発売日 2014年06月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218993-4
判型 四六
ページ数 272ページ
電子版製品名 パリ症候群 愛と殺人のレシピ

オンライン書店で見る