まるまるの毬

文芸
マルマルノイガ
  • 受賞作
まるまるの毬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お君ちゃん、今日の菓子はなんだい?

江戸は麹町の菓子舗「南星屋」。
繁盛の理由は、ここでしか買えない日本全国、名菓の数々。
若い時分に全国修業に出、主の治兵衛が自ら歩いて覚えた賜物である。
娘のお永、孫のお君と親子三代、千客万来。
でもこの一家、実はある秘密を抱えていて……。
思わず頬がおちる、読み味絶品の時代小説!

「たかが菓子だ。そんな大げさなものじゃねえさ」
武士から転身した変わり種
諸国の菓子に通ずる店の主・治兵衛

「お団子みたく、気持ちのまあるい女の子になりなさい」
菓子のことなら何でもござれ
驚異の記憶力を持つ出戻り娘・お永

「お菓子って、面白いわね、おじいちゃん」
ただいま花嫁修行中!
ご存じ、南星屋の”看板娘”・お君

目次

  • カスドース
  • 若みどり
  • まるまるの毬
  • 大鶉
  • 梅枝
  • 松の風
  • 南天月

製品情報

製品名 まるまるの毬
著者名 著:西條 奈加
発売日 2014年06月25日
価格 定価 : 本体1,450円(税別)
ISBN 978-4-06-218990-3
判型 四六変型
ページ数 304ページ

著者紹介

著:西條 奈加(サイジョウ ナカ)

1964年北海道生まれ。2005年、架空の江戸の町を舞台にした『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。2012年『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞。時代小説から現代小説、SFまで幅広い作風を持ち、斬新な趣向と爽やかな人情味が魅力の、いま最も注目される小説家。
近著に『朱龍哭く 弁天観音よろず始末記』『千年鬼』『三途の川で落としもの』『いつもが消えた日 お蔦さんの神楽坂日記』『上野池之端 鱗や繁盛記』がある。

お知らせ・ニュース

受賞作
第36回吉川英治文学新人賞受賞! (2015/3/3)

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV