夜は終わらない

文芸
ヨルハオワラナイ
  • 電子あり
  • 受賞作
夜は終わらない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

婚約者が自殺したとの一報が入った玲緒奈。千住警察署で悲しみにくれる彼女には、次に殺さなくてはならない別の婚約者がいた。セックスや結婚を餌に次々男を惑わし、財産を巻き上げ、証拠を残さず葬り去るのが日常なのである。そんな玲緒奈には不思議な癖があるのだった。
「生きてる意味があることを証明しないと。ね? 私が夢中になれるようなお話をしてよ」
あの世に送る前、男に語らせるのだ。それは、生い立ちでも、創作した話でも構わない。面白いかどうか、で命の長さが決まっていく。最期の気力を振り絞り話を続ける男たち。鬼気迫るストーリーが展開され、物語のなかの登場人物がまた別の話を語り始めたり、時空を超えた設定のなかにリアルなものが紛れ込んだり……全体の物語のなかにさまざまな短篇が入りくみ、海へと流れる大河として眺望できる大傑作。

目次

  •  夜は終わらない
  • 第一話 人面瘡
  •  夜は終わらない
  • 第二話 カワイルカ
  •  夜は終わらない
  • 第二話 カワイルカ(その二)
  •  夜は終わらない
  • 第三話 聞いたら二度と戻れない物語
  •  夜は終わらない
  • 第三話 聞いたら二度と戻れない物語(その二)
  • 第四話 日常演劇
  •  夜は終わらない
  • 第四話 日常演劇(その二)
  •  夜は終わらない
  • 第四話 日常演劇(その三)
  •  夜は終わらない
  • 第五話 ジン
  •  夜は終わらない
  • 第四話 日常演劇(その四)
  • 第六話 ジンナ
  •  夜は終わらない
  • 第六話 ジンナ(その二)
  •  夜は終わらない
  • 第四話 日常演劇(その五)
  •  夜は終わらない
  • 第七話 ミロンガを探して
  •  夜は終わらない
  • 第四話 日常演劇(その六)
  • 第八話 アルフォンシーナと海
  •  夜は終わらない
  • 第八話 アルフォンシーナと海(その二)
  •  夜は終わらない
  • 第九話 フュージョン
  • 第十話 ヒトカフェ
  •  夜は終わらない
  • 第九話 フュージョン(その二)
  • 第十一話 噛み癖
  • 第十二話 悲しみのトリスタン
  •  夜は終わらない
  • 第十二話 悲しみのトリスタン(その二)
  • 第九話 フュージョン
  • 第八話 アルフォンシーナと海
  • 第四話 日常演劇
  • 第三話 聞いたら二度と戻れない物語
  •  夜は終わらない

製品情報

製品名 夜は終わらない
著者名 著:星野智幸
発売日 2014年05月22日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-218966-8
判型 四六変型
ページ数 528ページ
電子版製品名 夜は終わらない
初出 『群像』2011年9月号~2013年2月号、5月号~10月号(単行本化にあたり大幅に加筆・修正)

著者紹介

著:星野智幸(ホシノトモユキ)

1965年、アメリカ・ロサンゼルス市生まれ。88年、早稲田大学卒業。新聞社勤務後、メキシコに留学。97年、『最後の吐息』で第34回文藝賞を受賞しデビュー。2000年、『目覚めよと人魚は歌う』で第13回三島由紀夫賞、03年、『ファンタジスタ』で第25回野間文芸新人賞、10年、『俺俺』で第5回大江健三郎賞を受賞。他の著作に『毒身温泉』『ロンリー・ハーツ・キラー』『アルカロイド・ラヴァーズ』『在日ヲロシア人の悲劇』『虹とクロエの物語』『われら猫の子』『植物診断室』『無問道』『水族』などがある。

オンライン書店で見る