「産む」と「働く」の教科書

ノンフィクション・学芸(単行本)
ウムトハタラクノキョウカショ
  • 電子あり
「産む」と「働く」の教科書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

NHK、読売、朝日、日経で話題の「学生のための
妊活講座」がついに一冊の本になりました。
https://www.facebook.com/goninkatsu/info

「卵子の老化」を知らなかった。妊娠にそんなに年齢が
大事なんて、知らなかった・・・

仕事と子育ての両立って、自分にはできるのかしら? お母さんは専業主婦だったから想像できない?

30歳以降の自分が見えない。キャリアウーマンにはなったけれど・・・

そんな声を多くの方から聞きます。

私たちは、そんな声をなくしたい。
「学校では教えてくれない卵子や妊娠の話」
そして「働きながら産み育てるライフデザイン」を
「妊活バイブル」「女子と就活」の著者が大学・高校へボランティア出張授業します。

東大、早稲田、慶応、昭和女子大など数々の大学で話題の授業をぜひ書籍で体験してください。

全授業内容がみられる動画サイトははこちらです。→
http://www.youtube.com/user/goninkatsu

製品情報

製品名 「産む」と「働く」の教科書
著者名 著:齊藤 英和 著:白河 桃子
発売日 2014年03月25日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218849-4
判型 A5変型
ページ数 144ページ
電子版製品名 「産む」と「働く」の教科書

著者紹介

著:齊藤 英和(サイトウ ヒデカズ)

国立成育医療研究センター
周産期・母性診療センター 副センター長。山形大学医学部附属病院講師、山形大学医学部助教授をへて2002年より現職。専門は生殖医学、不妊治療。不妊治療の最前線で長く活躍する一方、加齢による妊娠率低下や高齢出産リスクに関する啓発にも力をいれている。日本産科婦人科学会倫理委員会・登録調査小委員会委員長。東京農業大学客員教授、近畿大学客員教授。白河との共著に『妊活バイブル』(講談社)がある。政府の「少子化危機突破タスクフォース」諮問委員。

著:白河 桃子(シラカワ トウコ)

少子化ジャーナリスト・作家・相模女子大学客員教授
経産省「女性が輝く社会の在り方研究会」委員
東京生まれ、慶応義塾大学文学部社会学専攻卒
婚活、妊活、女子など女性たちのキーワードについて発信する。山田昌弘中央大学教授とともに「婚活」を提唱。婚活ブームを起こす。女性のライフプラン、ライフスタイル、キャリア、男女共同参画、女性活用、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティなどがテーマ。
「妊活バイブル」共著者、齊藤英和氏とともに、東大、慶応、早稲田などに「仕事、結婚、出産、学生のためのライフプランニング講座」をボランティア出張授業。講演、テレビ出演多数。著書:「婚活症候群」「女子と就活」「格付けしあう女たち」など。

オンライン書店で見る