食彩の文学事典

文芸
ショクサイノブンガクジテン
食彩の文学事典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひとつの食べ物を切り口に、過去、作家たちがその食べ物をどのように作品に描いてきたかを詳細に調べ、文学の映し出した風景から、日本の食の時代背景をさぐった労作です。谷崎潤一郎の好んだ鮎雑炊、林芙美子の思い出のうどん、島尾敏雄を見舞った吉行淳之介と安岡章太郎が帰りに食べた炒飯など、文士たちの知られざるエピソードから、川上弘美、青山七恵、酒井順子らの描く食べ物まで、彩りゆたかに文学と食を描き出す、前代未聞の文学事典!

製品情報

製品名 食彩の文学事典
著者名 著:重金 敦之
発売日 2014年01月28日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218778-7
判型 四六
ページ数 336ページ
初出 『小説現代』2009年7月号~2013年6月号

著者紹介

著:重金 敦之(シゲカネ アツユキ)

1939年東京生まれ。慶応大学卒業後、朝日新聞社入社。「週刊朝日」編集部在籍時に池波正太郎、松本清張をはじめとする数々の作家を担当。大学教授を経て文芸ジャーナリストに。食に造詣が深く、文学と食に関する著書を多く手がける。著書に『美味は別腹』(ランダムハウス講談社)、『池波正太郎と歩く京都』(とんぼの本)、『池波正太郎の江戸料理を食べる』(野崎洋光との共著・朝日新聞出版)など。