純粋異性批判 女は理性を有するのか?

文芸
ジュンスイイセイヒハンオンナハリセイヲユウスルノカ
  • 電子あり
純粋異性批判 女は理性を有するのか?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「仕事と私とどっちが大事なの!」「浮気するなら私にわからないようにして!」……男には決して理解できない女の論理は、一体どこから生まれるのか?カントの『純粋理性批判』の構成に倣いつつ、「女という不可解」を徹底解剖する大胆不敵な女性論にして最良のカント入門書。

目次

  • 序章 いかにして純粋女性理性の判断は可能か?
  • 第一章 純粋女性理性の論理学
  •  第一節 純粋女性理性のカテゴリー論
  •  第二節 純粋女性理性の原則論
  •  第三節 純粋女性理性の弁証論
  •   1 純粋女性理性の誤謬推理
  •    間奏曲 カントの女性観
  •   2 純粋女性理性のアンチノミー
  •   3 純粋女性理性の理想
  •   4 純粋女性理性の弁証論総括  
  • 第二章 純粋女性理性の感性論
  • 第三章 純粋女性理性の倫理学
  •  第一節 純粋女性理性と定言命法
  •  第二節 道徳法則に対する尊敬
  •  第三節 魂の不死の要請
  •  第四節 神の現存在の要請  
  • 終章 『純粋異性批判』の射程
  •  第一節 理性という暴力
  •  第二節 なぜ女の哲学者はいないのか?

製品情報

製品名 純粋異性批判 女は理性を有するのか?
著者名 著:中島義道
発売日 2013年12月05日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218684-1
判型 四六
ページ数 232ページ
電子版製品名 純粋異性批判 女は理性を有するのか?
初出 『新潮45』2009年6月号~2010年12月号

著者紹介

著:中島義道(ナカジマヨシミチ)

中島義道(なかじま・よしみち)
1946年生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院哲学専攻修士課程修了。ウィーン大学にて哲学博士号取得。電気通信大学教授を経て、現在は哲学塾を主宰。主な著書に『哲学の教科書』『「時間」を哲学する』『ウィーン愛憎』『うるさい日本の私』『人生を<半分>降りる』『私の嫌いな10の言葉』『働くことがイヤな人のための本』『カントの読み方』『女の好きな10の言葉』『『純粋理性批判』を噛み砕く』『異文化夫婦』『非社交的社交性 大人になるということ』等多数。

オンライン書店で見る