自分を好きになる方法

文芸
ジブンヲスキニナルホウホウ
自分を好きになる方法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一人の女性の一生を、3歳、16歳、28歳、34歳、47歳、63歳のそれぞれ一日を描いた6編を連ねて構成する長編小説。「いつか自分が心から一緒にいたいと思える相手に出会えることを夢見て生きる女性の人生を、「6日間」で鮮やかに切りとる。前作『嵐のピクニック』で大江健三郎賞を受賞、いま最も注目される新鋭女性作家の最新作!

目次

  • 16歳のリンデとスコアボード
  • 28歳のリンデとワンピース
  • 34歳のリンデと結婚記念日
  • 47歳のリンデと百年の感覚
  • 3歳のリンデとシューベルト
  • 63歳のリンデとドレッシング

製品情報

製品名 自分を好きになる方法
著者名 著:本谷有希子
発売日 2013年07月25日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218455-7
判型 四六
ページ数 192ページ
初出 『群像』2013年5月号

著者紹介

著:本谷有希子(モトヤユキコ)

本谷有希子(もとや・ゆきこ)
1979年生まれ。2000年、「劇団、本谷有希子」を旗揚げし、主宰として作・演出を手がける。2006年上演の戯曲『遭難、』により第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞。2008年上演の戯曲『幸せ最高ありがとうマジで!』により第53回岸田國士戯曲賞受賞。2011年に小説『ぬるい毒』で第33回野間文芸新人賞、2013年には『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞を受賞。他の著書に『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『あの子の考えることは変』『生きてるだけで、愛』『グ、ア、ム』など多数。