メニュー
  1. HOME
  2. 書籍シリーズ・雑誌と既刊紹介
  3. ノンフィクション・学芸(単行本)
  4. アメリカは日本経済の復活を知っている

アメリカは日本経済の復活を知っている

アメリカハニホンケイザイノフッカツヲシッテイル

著:浜田宏一

アメリカは日本経済の復活を知っている 表紙画像

書籍シリーズの既刊一覧

  • 発売日 : 2012年12月18日
  • 定価 : 本体1,600円(税別)

 ノーベル経済学賞に最も近い経済学の巨人、研究生活50年の集大成!! 
 この救国の書は、東京大学での教え子、日本銀行総裁・白川方明に贈る糾弾の書でもある。20年もの間デフレに苦しむ日本の不況は、ほぼすべてが日銀の金融政策に由来するからだ。白川総裁は、アダム・スミス以来、200年間、経済学の泰斗たちが営々と築き上げてきた、いわば「水は高いところから低いところに流れる」といった普遍の法則を無視。世界孤高の「日銀流理論」を振りかざし、円高を招き、マネーの動きを阻害し、株安をつくり、失業、倒産を生み出しているのだ。
 本書で解説する理論は、著者一人だけが主張するものではない。日本を別にすればほとんど世界中の経済学者が納得して信じ、アメリカ、そして世界中の中央銀行が実際に実行しているもの。実際に著者は、日米の学者・エコノミスト・ジャーナリストたちにインタビューを行ない、すでに60人以上から聞き取りを行なっているが、ほとんどすべての俊才が、潜在成長率のはるか下で運営されている日本経済を「ナンセンスだ」と考えている。たとえば教科書でも有名なグレゴリー・マンキュー、ウィリアム・ノードハウス、ベンジャミン・フリードマン、マーク・ラムザイア、デール・ジョルゲンソン、ロバート・シラー、黒田東彦、伊藤隆敏らだ。
 世界から見れば常識となっている「日本経済の復活」を、著者50年間の研究成果をもとに、わかりやすく徹底解説!

序 章 教え子、日銀総裁への公開書簡
第1章 経済学200年の歴史を無視する国
第2章 日銀と財務省のための経済政策
第3章 大不況の真犯人
第4章 それでも経済学は日本を救う
第5章 2012年2月14日の衝撃
第6章 増税前に絶対必要な政策
第7章 「官報複合体」の罠
終 章 日本はいますぐに復活する

  • 購入する
  • 書店在庫を探す
  • ISBN:978-4-06-218151-8
  • 判型/ページ数:四六/272ページ

著者紹介

著:浜田宏一(ハマダコウイチ)

浜田 宏一(はまだ こういち )1936年、東京都に生まれる。イェール大学名誉教授。経済学博士。国際金融論、ゲーム理論の分野で世界的な業績をあげる。日本のバブル崩壊後の経済停滞については金融政策の失策がその大きな要因と主張、日本銀行の金融政策を批判する。1954年、東京大学法学部に入学し、1957年、司法試験第二次試験合格。1958年、東京大学経済学部に入学。1965年、経済学博士取得 (イェール大学)。1969年、東京大学経済学部助教授。1981年、東京大学経済学部教授。1986年、イェール大学経済学部教授。2001年からは、内閣府経済社会総合研究所長を務める。法と経済学会の初代会長。著書には、『経済成長と国際資本移動――資本自由化の経済学』(東洋経済新報社)、『モダン・エコノミックス(15)国際金融』(岩波書店)、『エール大学の書斎から―経済学者の日米体験比較 』(NTT出版)などがある。また共著には、『金融政策と銀行行動』(東洋経済新報社)、『マクロ経済学と日本経済』(日本評論社)、『伝説の教授に学べ! 本当の経済学がわかる本』(東洋経済新報社)などがある。

関連作品

おすすめの本

月刊ブレイブ・セレクション 第5号

著:リチャード・ブランソン, 著:辻野晃一郎, 著:佐々木俊尚, 著:浜田宏一, 著:マッキー牧元, 著:ニューヨークタイムズ・セレクション, 編:現代ビジネス

絵本 母と暮せば

文:山田洋次, 絵:森本千絵

月刊ブレイブ・セレクション 第4号

著:リチャード・ブランソン, 著:辻野晃一郎, 著:佐々木俊尚, 著:浜田宏一, 著:マッキー牧元, 著:ニューヨークタイムズ・セレクション, 編:現代ビジネス

書店在庫を探す

ネット書店で探す